物性/エネルギー
IR情報 会社情報

FAQ

電気化学測定

ハードウェア

ID.Q1

Q.ポテンショ/ガルバノスタットが正常に作動していることをどのように確認できますか?

A.

★既知の値の抵抗素子を用いて基本的な測定(定電圧測定など)を行ってください。
★測定を行う際には、抵抗値、定格電力を確認し、使用しているポテンショガルバノスタットを接続しても使用できる範囲内であることを確認してください。
★抵抗間の接続は、以下の図のように配線してください。



(作用極用電圧端子(S1)と参照極用電圧端子(S2)のリード線は抵抗素子にできるだけ近づけてください)。これは2極式といわれる接続方法です。
抵抗素子を製品にセットし、電圧を印加し(もしくはChronopotentiometryで電流を流し)、測定された電流値(Chronopotentiometryでは 電圧値)がオームの法則に基づいているかを確かめてください。

例)10kΩ抵抗を接続し、1Vの電圧を印加すると、電流値は100μA(電流レンジが Autoもしくは100μAに設定されている場合)となります。また、10kΩ抵抗にChronopotentiometryで100μAの電流を流すと、電圧値は1V となります。

抵抗素子の結果が正常で、実験結果が思うようなものが出なかった場合、実験のセットアップをよく確かめてください。セルの設計、実験環境、参照電極の不具合、グラウンド(接地)の問題等が考えられます。
 
evernote share Google plus Face Book Google plus Liked In

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。