物性評価ソリューションマガジン Vol.18

強誘電体特性評価システムのご紹介と磁性体特性評価オンラインセミナーのご案内

平素は弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。理化学計測部 物性チーム メールマガジン担当です。

2月になり一段と寒くなってまいりましたが、今シーズンの冬は例年に比べ寒暖差が大きいですね
なんとなく疲れやすく感じたり、不調が続いたりすることがあれば、それは「寒暖差疲労」かもしれません。特に今はコナロ禍で運動不足や生活リズムが 乱れがちになると言われていますので、体調管理には十分にお気を付けくださいませ。

1.強誘電体特性評価システム 「FCE10シリーズ」のご紹介

みなさんは「強誘電体」という言葉を耳にしたことがありますか?
今回はこの「強誘電体」の基礎研究にお役に立つ強誘電体特性評価システム 「FCE10シリーズ」をご紹介します。

【強誘電体特性評価システム 「FCE10シリーズ」の特長】

  • 分極ヒステリシス測定
    • 周波数:FCE10B型(10mHz-1kHz)
          FCE10S型(10mHz-10kHz)
          FCE10F型(10Hz-1MHz)
  • 三角波ダブルパルス測定
  • PUNDパルス分極測定
  • リーク電流測定/分極疲労測定
  • シーケンス機能
  • 電圧増幅オプション:FCE10B型及びS型は最大±10kVまで
              FCE10F型は最大±100Vまで
  • バルクd33逆圧電/圧電定数測定オプション
  • 自社開発バーチャルグランドIV/QV変換器にて高精度測定可能

▼ 本製品の詳細情報はこちらから
  https://www.toyo.co.jp/material/products/detail/fce10.html

強誘電体特性評価システム 「FCE10シリーズ」は、サンプルに電圧を印可しそのときサンプルに生じる電荷を測定します。
横軸に電圧V、縦軸に電荷Qをプロットするとヒステリシス波形を得ることができ、この波形は強誘電性を評価するためには非常に重要です。例えば、縦軸との交点(電界がゼロの点)を残留分極と呼び、電界を取り去った後に残る分極を表し、横軸との交点は抗電界と呼ばれ、分極の極性が変わる電界を意味します。

強誘電体特性評価システム 「FCE10シリーズ」の一番の特長は、自社開発バーチャルグランドIV/QV変換器にあります。
電流値/電荷値を演算で算出するのではなく、電流/電荷の実測値をモニタすることでき、24種類のローパスフィルタが搭載されているので正確な分極測定を可能にします。また「FCE10シリーズ」には三角波ダブルパルス測定機能を新しく搭載しました。この機能はリーク電流をキャンセルし強誘電性ヒステリシスのみを取得する事ができます。
オンラインセミナーの動画を Webにてご覧いただけますのでご視聴いただければ幸いです。

「強誘電体特性評価 基本原理と測定上の注意点・ノウハウのご紹介」オンラインセミナー
*動画閲覧方法は[4]過去開催オンラインセミナー動画閲覧方法のご案内をご参照ください。

弊社デモ機によるサンプル測定なども承っております!
製品に関して、ご質問・ご不明点がありましたらお問い合わせください。

2.「磁気光学Kerr効果顕微鏡による磁気構造解析の最新技術と実例」オンラインセミナーのご案内

年度末キャンペーン対当社主催のオンラインセミナーをご案内いたします。
物質・科学研究機構のセペリ アミン ホセイン 氏、杉本 聡志 氏をお招きし、磁気光学Kerr効果顕微鏡を使用した最新の磁気構造解析技術とその実例についてご講演いただきます。
磁気光学Kerr効果(MOKE)顕微鏡は、磁性試料表面で反射された光の偏光状態を観察することで試料表面の磁化や磁区のイメージング・磁場強度測定が可能です。磁性材料、磁気デバイスの開発の他、最近ではスピントロニクスデバイスの開発でも使用されております。

  • 開催日時:2021年2月26日(金) 13:00-15:30
  • 講師:
    物質・材料研究機構 研究員   杉本 聡志氏
    物質・材料研究機構 主幹研究員 セペリ アミン ホセイン氏
  • 予定講演内容(一部英語講演)
    1. Kerr効果顕微装置を用いた磁気スキルミオンの実空間観測
    2. The application of the MOKE microscope for magnetic domain observation of rare-earth permanent
    *先日お送りさせていただきましたセミナー開催ご案内DMに記載しました御講演順が間違っておりました。訂正をさせていただきます。
  • 開催形式:Zoomによるオンライン会議にて講演します
  • 参加費:無料 ※事前の参加登録が必要です

▼ 受講をご希望される方は以下のURLからお申込みください
  https://www.toyo.co.jp/material/seminar/detail/seminar2021-02.html

3.年度末キャンペーンのご案内

現在、2021年3月末日までのご発注を条件に、年度末キャンペーンを行っております。
年度末キャンペーン対象製品は、温度コンロトーラ、温度センサ、ガウスメータ、信号発生器など、幅広く製品ラインアップとなっております。
弊社で在庫を持っている製品も多数ございますので、年度末納品にも十分間に合います。
余り予算の使い道として、ぜひご参考にしてください。

▼ 年度末キャンペーンは終了しました
 

4.過去開催オンラインセミナー動画閲覧方法のご案内

「弊社主催のオンラインセミナーのアーカイブを紹介してほしい!」
というお声を多数いただいておりましたのでオンラインストアにアーカイブを掲載しております。

【ご利用方法】

  1. オンラインストアに会員登録
    https://www.material-store.toyo.co.jp/regist.php
  2. カテゴリ内の「オンラインセミナー動画」をクリック
  3. ご希望のセミナーをカートに入れる
  4. 注文確定
    ※ オンラインストアに記載されている通り単価¥0ですので、費用は一切発生いたしません
    ※ 商品の性質上、納品書や請求書の伝票は発行されません
  5. ご注文をいただき次第、動画URLをお送りいたします
    ※ お送りしたURLを外部へ転送することはお控えください

理化学計測部メールマガジン
バックナンバー一覧

© 2021 TOYO Corporation.