第10号

特集
変わっていく輸送機器の計測ニーズ

2013.09発行

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード

特集記事

第10号 変わっていく輸送機器の計測ニーズ 紹介

日本における輸送機器産業は大切な日本の基幹産業です。すでに世界のトップを走っている自動車産業。積極的な輸出を始めた鉄道産業。また、近年では航空宇宙産業も日本の重要な産業になろうとしています。
それらの産業において開発する商品に要求される価値は日々変化しています。例えば、自動車産業では自動車のハイブリッド化や電気自動車化に伴い、自動車という商品に求められる価値が変化してきました。鉄道産業では高速度化に対応させながら、高い安全性や快適性、そして低コスト化などをバランスよく検討することが求められています。要求される内容が変化して新しい技術が導入されれば、それに対する計測のニーズも変化していき、その結果として計測技術も変化していきます。
今回のテクニカルマガジンでは、変わっていく輸送機器の計測ニーズに対応した特集記事として、モーターシステムの計測技術、高速鉄道の計測、新しい音源探査手法の3点をご紹介します。また、新製品情報としては、スマートフォンを計測に利用した音・振動用計測製品を紹介します。技術紹介記事には、複雑化する計測・解析技術を正しく活用するために、ますます必要性が高まっている計測用センサの精度管理についての内容を掲載しました。

監修者紹介

株式会社東陽テクニカ 取締役

加藤 典之

1983年入社。2000年に技術部から営業部に異動。「お客様にとっての利益と価値を考えて仕事をすること」を理念とする。

バックナンバー