情報通信
IR情報 会社情報





マルチチャネル対応RFチャネルエミュレータ「VR5」 

Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)
マルチチャネル対応RFチャネルエミュレータ「VR5」 VR5型
0
  • VR5型

    1

VR5の技術資料VR5のホワイトペーパー

 VR5型は旧SR5500シリーズの後継機種にあたるRFチャネルエミュレータです。

 通過周波数帯域幅を最大100MHz(オプション)まで拡張し、1筐体で最大8x4MIMOチャネルをエミュレーション可能です。これにより、LTE-Advancedビームフォーミングのように多RFチャネル、広帯域を利用するアプリケーションにもご利用いただけます。

 またオプションソフトウェアとして動的な環境を模擬するDEE、屋外環境を取り込むVCT、MIMO OTAで利用できるMEBなど、ご用途に応じたツールをご用意しております。SR5500MもSISOや2x2MIMOなどのご用途向けに、引き続き販売を継続致します。

sample

特長

最大8チャンネルのフェージング環境を1画面で簡単に設定可能
最大8チャンネルのフェージング環境を1画面で簡単に設定可能
  • リアルタイムフェージングエンジンによる簡単制御
  • 1台で最大8x4MIMO構成サポート
  • DEE機能:エクセルベースで簡単に電波伝搬環境をプログラム
  • VCT機能:フィールドログデータをRFチャネルエミュレータにインポート
  • AWGN、デュプレクサ内蔵:ノイズ、RF経路切り替えが容易に
  • SCM/ SCME/ WINNERモデルなどの空間チャネルモデル対応
  • 各規格試験プリセット
  • 東陽テクニカによる国内アプリケーション、修理・校正サポート

仕様

*より詳しい情報を掲載した製品カタログをお配りしております。
ご希望の方はお手数ですが「お問い合わせ」フォームよりご請求ください。

主な仕様:VR5

チャネルコンフィグレーション SISO、2x2MIMO、4x4MIMO双方向、8x2/8x4MIMO
RF出力レベル -30~-110dBm(分解能0.1dB)
残留EVM -40dB
フェージングパラメータ チャネルパワー・AWGN(C/N等)・パスロス・パス遅延・周波数シフト・レイリー/ライスフェージング・位相シフトドップラー周波数・ダイナミックプロファイル(Moving/ Birth&Death / High Speed Train など)
AWGN源オプション -40~40dB(C/N設定)
 

オプション

■3.5GHz、6GHz帯域オプション
■通過帯域幅拡張オプション(100MHz)
■デジタルチャネル追加
■空間チャネルモデル(GCM)・WiFiチャネルモデルオプション

■内蔵Duplexerオプション
■VDTオプション

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (7)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。