情報通信
IR情報 会社情報





ラボ環境管理ソリューション「Spirent Velocity」 

ラボ環境管理ソリューション「Spirent Velocity」
0

Spirent Velocity は柔軟性のあるテストラボのための統合ラボ管理とテスト実行ソリューションです。物理と仮想環境を問わず、容易にラボ統合、連携、管理、モニタを実現します。
試験実行者と製品開発者のために単一のテストケースやテスト全体計画を実行するために使用できるテストベッドトポロジを定義するためのシンプルなユーザーエクスペリエンスを提供します。

特長

Spirent Velocityの特徴

ラボリソースの予約登録と承認の運用管理システム
ラボ内の物理結線を登録し、物理・仮想テストベッドを予約生成、テストケースを実行管理
リソースの利用率をはじめ、予約競合、使用開始(check-in) による実稼動のレポーティング
ラボリソースへの投資効果の検証

ラボ運用管理: 利用状況・コスト見直し

運用管理
  • 自社製予約システムを立ち上げたことはありますか?どのように役立っていますか?
  • 物理的な設備、ケーブリングなど、機器が無秩序な状態となることはありませんか?
  • 個人が“必要な場合”に備えて、機器を保有していませんか?
  • 個人が機器の“闇取引”( 予約システムを利用しない個人間の貸し借り) をしていませんか?
時間
  • ユーザはラボ内での作業に多くの時間をとられていませんか?
  • 管理者は機器の割り当ての決定に多くの時間をとられていませんか?
コスト
  • ラボにかかるコストについて定期的に見直しをしていますか?
  • ラボにある機器の総額はどれほどになりますか?すべて有効に利用できていますか?
ラボの種類
  • ラボタイプは?構成変更の頻度は?(PoC, 技術サポートセンタ, 開発, QA/テスト, 教育, 他)
  • 多数のユーザ、複数のグループでラボを利用していますか?

Velocity によるラボオーケストレーションへ

検証環境オーケストレーションとテストケース管理を実現
  • 全ユーザ24時間365日世界中からアクセス可能なリソース集中管理システム
  • デモやテストなど目的に応じたトポロジを自動構成し作業効率を向上
  • トポロジ変更からシームレスなテスト実行・予約実行
  • 物理リソースに加え、物理・仮想トポロジやテスト資産の共有
  • テスト結果やリソース利用率などダッシュボードによるビジュアル化(ElasticSearch&Kibana)
  • Velocity 機能を100%カバーするREST API 実装による拡張性とコラボレーション
円滑なラボマネジメント・スケジューリング
  • 物理・仮想を問わずラボ機器を統合管理しCAPEXとOPEXを削減
  • 機器の可用性と予約競合の識別と競合解決ワークフロー
  • 予約リクエストと承認ワークフロー
  • リソース利用率から適切な設備投資のための実用的なデータを提供
  • ユーザや機器のグループ化、隔離
  • 必要以上の数・期間の機器の占有、個人間の貸し借りを排除
velocity_03

page top↑

テストケース

テストベッドオーケストレーションとテスト実行フロー

Velocity は、トポロジ生成からテストケース実行、レポーティング、トポロジのリリースをシームレスに実現します。
velocity_03

Velocity 物理環境テストケースワークフロー

veloity_gui_01
Velocity ラボ管理、テストベッド・オーケストレーション、テストケース・ライブラリ、ユーザ管理
iTest Team
Essentials(iTE)
テストトポロジ・リポジトリ、テストケース・リポジトリ、テストレポート・リポジトリ、ユーザ・リポジトリ
Velocity Agent テストケース実行、テスト実行結果のレポーティング
1. テストケースとトポロジ等の準備
iTest でテストケースを作成しVelocity のライブラリへアッ プロードします。
- Velocity はリポジトリにアップロード(a)
2. トポロジ生成とリリース
Velocity からトポロジ(DUT, テスタ等) の使用を予約します。
- Velocity はレイヤ1 スイッチ経由で物理結線を変更(b)、予約期間の終了後にトポロジをリリース(g)
3. テストケースの実行
Velocity のライブラリから実行するテストケースを選択します。
- エージェントがテストケースを実行(c)、テスタやDUT か ら結果を収集(d)、テストレポートを作成しリポジトリにアッ プロード(e)
4. テスト結果の解析
Velocity 上でテストレポートを解析します。
- Velocity はリポジトリからテストレポートを表示(f)

ユーザインターフェース

テストベッドオーケストレーション

  • 物理・仮想トポロジの作成
  • 仮想DUT, 仮想トラフィックジェネレータをサポート
  • OpenStackトポロジインストレーションの自動化
  • 実行オプション ( 即時実行・スケジュール実行)
  • サブトポロジによるトポロジの継承と再利用
veloity_gui_01

スケジュール管理

  • 個々のリソース、トポロジの予約
  • 現在・未来の予約の確認
  • 代替機器や利用可能な時間帯の検索
  • ユーザとリソースグループのカラー識別
  • ユーザリソースによるフィルタリング機能
veloity_gui_02
veloity_04

リソース利用率レポート( 予約競合カウントを含む)

  • リソース・ポート・ユーザごとの利用率をレポート
  • 予約競合のカウント
  • 使用開始(Check-in) 機能による実稼動の把握
  • 期間やユーザグループによるフィルタリング
veloity_gui_01

テストレポート

  • ステップbyステップによるテスト結果解析
  • 各ステップのアクションやレスポンスの詳細表示
  • デバッグビュー
veloity_gui_01

動作環境・要求仕様

動作環境

ESXi あるいはKVMにVelocity VM とiTE(iTest Team Essentials)VM をセットアップします。テストケース作成や実行エージェントとしてiTest やVelocity Agent を設定します。License Server はiTest のLicenseServer と共有可能です。
velocity_06

システム最小要件

Velocity/iTest Team Essentials 7.1 におけるサポート環境は下記の通りです。
Hardware iTest Team Essentials Velocity
Hypervisor ESXi, KVM ESXi, KVM
Virtual CPU 4vCPU 4vCPU
Memory 32GB RAM 16GB RAM
Available disk space 400GB thick-provisioned 40GB thick-provisioned
Web browser Chrome66+, IE11 Chrome66+, IE11

機能

機能概要

  • 自動ラボマネジメントソリューション
  • 自動L1/L2スイッチング
  • 物理、抽象&仮想トポロジ
  • 装置の可用性と競合識別
  • 予約競合解決ワークフロー
  • 予約リクエストと承認ワークフロー
  • マニュアルケーブリングワークフロー
  • ラボインベントリの作成・管理・維持
  • VNF/SDNテスティング
  • ユーザグループ、装置グループ設置による関連付け、または隔離
  • テスト実行インテグレーション
  • REST APIによる拡張性とコラボレーション
  • ダッシュボードによるリソース利用率のレポート化と管理
  • 物理・仮想リソースのコーディネート、オーケストレート、スケジューリング、モニタリング(LaaS)
  • ラボおよび本番環境のテスト管理
  • ラボ統合を促進
  • ベンダ隔離の確保
  • エンタープライズレベルのスケーラビリティと可用性
  • CPEX/OPEXを制御する資産利用率の管理
  • レガシーツールを統合するREST API の実装

機能特長一覧

Lab Management Velocity(7.1) コメント
Topology Creation & Mgmt.  
Subtopology Support 既存のトポロジーと新規トポロジーを統合できます。Subtopology のアップデートにより、親トポロジーの設定を自動的に更新することも可能です。
Physical, Virtual and Hybrid Resource management  
Permissions based Reservations ユーザ・ユーザグループそれぞれに細かいロールおよび権限を設定し、リソースのアクセス、予約、承認を分けることができます。これによりシステムアドミン、テスタ、テストケース開発者、ラボ管理者、プロジェクトマネージャーそれぞれが専任すべき仕事に効率よく 従事できます。
Browser-based interface  
Cabling workflow automation マニュアルのケーブリング作業の際に、Velocity がトポロジー情報や設定から自動的に最適化したワークフロー(ワークオーダー) を提供し、トポロジーやリソースの変更および関連箇所設定の更新をサポートします。
Conflict Resolution with
Escalations workflow
試験予約スケジュールがコンフリクトした際の、上位マネージャーへのエスカレーションワークフローが用意されています。
User Management  
Move Port groups シャーシ、ブレード単位に、複数のポートをグループ化することができます。また、ポートグループ内のポートプロパティ及びサブグループを、一つのオブジェクトとして移動する ことができます。
Event-driven Integration
(Triggered Automation)
ユーザが定義した複数のシステムイベントをトリガーに、タスクを自動化することが可能です。
Hand-off of Reservation
(Change Reservation Owner)
 
Console Access Management in Reservations  
Support Temporary Users テンポラリーユーザの作成や使用期限設定をサポートします。
Support for TOSCA/YAML for
topology creation
 
Test Execution and Reporting Velocity(7.1) コメント
Test Scheduling  
Execution & tracking, support
for multiple agents
 
Results tracking  
Web-based access  
Dashboard/Web-based Analytics  
Agent Capabilities Velocity 用のテスト Agent が並列試験をサポートします。また、分散処理アーキテクチャにより、試験処理とマネージメントの負荷を分散し、より効率的に試験を実施することができます。
Runlists  
Customized Test Report  
Python Code Execution  

オプション

Velocity でサポートするレイヤ1/ レイヤ2トポロジアクティベーション
-VLAN/物理配線をリモート制御-

マルチトポロジのアクティベーションオプション
  • 動的アクティベーション:
   レイヤ1 スイッチ: ADVA Optical Networking(旧MRV), NetScout, Calient, Polatis
   レイヤ2スイッチ(VLAN): Arista, Cisco, Juniper etc.
velocity_03
calient_logo adva_mrv_log_01
adva_mrv_log_01 adva_mrv_log_01
光3D MEMS 技術を用いた
レイヤ1スイッチ
メディアクロスコネクト
レイヤ1スイッチ
netscout_01
netscout_logo L2-4 インテリジェント機能も対応
レイヤ1スイッチ
仮想テストベッドオーケストレーション
  • OpenStackにおける仮想リソースのオーケストレーション
    即時、予約あるいは待ち行列の実行
 
   仮想リソースは、設備/リソース投資を削減
  • 仮想DUTと仮想トラフィックジェネレータのトポロジを作成
  • OpenStack の中で自動インスタンス生成/ 削除
  • 自動化し、スケジュールの実行
  • スケジュール結果の配信を自動化
velocity_09 velocity_10
velocity_11
実用的な情報を提供する管理ダッシュボード
velocity_12

ケーススタディ

【Case Study 1】サービスプロバイダ
  • クラウドコンピューティング管理
  • 製品化までの時間を大幅に短縮
【Velocity導入前】   【Velocity導入前後】
  • 標準化、再利用性、拡張性、保守性の欠落したラボ環境は、時間を浪費するテストサイクルの原因であった。
  • ラボリソースの管理・構成に時間を消費、手作業によるエラー頻発と遅延の発生は、検証時間の長期化を招きテストスケジュールに影響し全体 の生産性を低下させた。
  • エラーレポーティングや事象再現などテスト開発とQAチーム間のコミュニケーションの非効率性は、製品リリーススケジュールに影響した。
  veloity_01
【Case Study 2】ワイヤレスサービスプロバイダ
  • マルチベンダ環境を収容するテストラボ管理
  • 各ベンダ用テストルーム、同時使用ユーザ、プライバシ性を考慮したスケジューリングと中央管理システム
【Velocity導入前】   【Velocity導入前後】
  • 全リソースの使用状況とスケジュールの手作業による追跡は非効率であり、リソースは十分に活用されていなかった。
  • 7社のベンダチームが600以上のラボリソースに各“テストルーム”からアクセスできる必要があり、かつ競合するベンダチームのため、固有 のデバイスとテストプロセスについてのプライバシ性が要求された。
  • 50以上のローカル&リモートのマニュアルテスタをサポートするため、信頼性の高いリソース最適化と透過的なスケジューリングが必要とさ れた。
  veloity_02

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。