Orolia

IP制御基準クロック信号分配器「Epsilon SAS-Eシリーズ」

Spectracom(スペクトラコム)社 Epsilon(エプシロン)SAS-Eシリーズは、時刻&周波数分配システムを低価格で提供します。 既存のクロックソースを活用し冗長度をもたせたシステムやインテリジェントな自動スイッチング機能を持った時刻&周波数ソース監視装置を構築できます。

カタログ

特長

19” 幅ラックマウントタイプの本体は、選択されたソースを増幅し、多くの出力チャンネルへ信号を提供します。 2つの外部クロックを接続している時、最良なクロックソースを自動選択し冗長性を持たせます。 動作試験時や単独クロックソースで使用する時など、ユーザは自動選択機能をバイパスさせることができます。 どの場合も、分配される信号 (周波数、1PPS、ToD、ステータス)は、同じクロックソースが使用されます。 自動選択モード設定時、現在選択されているクロックソースに“異常”が検出されると、SAS-Eはすべての分配信号に提供するクロックソースを他のクロックソースへ切り替えます。 クロックソースは、低い位相ノイズの重畳、高いRFアイソレーションを確実にするため、アナログ電子回路を用いて増幅されます。 セットアップ、ステータス、アラームは、任意のウェブブラウザあるいはSNMPプロトコルでリモートコントロール可能です。 モニタリング(電圧レベルチェック最短期間検出)は専用LEDにて確認できます。 SAS-Eには , アプリケーションにあわせて出力数を選択できる2つのバージョンがあります。 SAS-17Eは 1U の高さ、SAS-36E型は2U の高さです。

SAS-17E型 スイッチ&アンプ 8 chバージョン:
2つのソースに接続され、そのどちらか一方を選択し増幅、分配します。(8 x 周波数, 8 x 1PPS, 2 x ToD)
SAS-36E型 スイッチ&アンプ 16 chバージョン:
2つのソースに接続され,そのどちらか一方を選択、増幅,分配します。(16 x 周波数,16 x 1PPS, 2 x ToD)
  • 信号分配 サイン波 1MHz~16MHz
    1PPS TTL
    lTime of Day メッセージ(RS232シリアルライン)
  • 超位相ノイズ
  • クロックソースマスタリング
  • スイッチチング時、制限された位相 ジャンプ
  • 1イーサネットポート経由SNMP/HTTPリモートマネージメント
  • RoHS対応

仕様

入力(ソースクロックAおよびB)

周波数

  • 1 ~ 16 MHz サイン波
  • 0 ~ 17 dBm / 50 オーム (定格)、BNC コネクタ
  • 1PPS(1秒当たり1 パルス) : TTL / 50 オーム、BNCコネクタ
  • Time of Dayメッセージ : RS-232C, DIN コネクタ
  • アラーム リレー接点、メスコネクタ
  • 1差動スペア信号 DIN コネクタ

重畳位相ノイズ (typ)

  • 1 Hz  -90 dBc/Hz
  • 10 Hz  -120 dBc/Hz
  • 100 Hz  -145 dBc/Hz
  • 1 kHz  -155 dBc/Hz
  • 10 kHz  -160 dBc/Hz

出力

8chバージョン

  • 8x周波数:
    • 1 MHz ~16 MHz サイン波(選択されたソース依存)
    • ゲイン 1 / 50オーム定格
    • BNCコネクタ
  • 高調波歪:
    • <–35 dBc
  • 8 x 1 PPS:
    • TTL / 50 オームBNC コネクタ
  • 2 x Time of Day メッセージ:
    • RS-232C, DINコネクタ
  • アラーム:
    • 緊急 / 非緊急 リレー接点
    • USBコネクタ
  • 1 x 差動スペア信号:
    • DINコネクタ

16chバージョン

  • 16x周波数:
    • 1 MHz ~20 MHz サイン波(選択されたソース依存)
    • ゲイン 1 / 50オーム定格
    • BNCコネクタ
  • 高調波歪:
    • <–35 dBc
  • 16 x 1 PPS:
    • TTL / 50 オームBNC コネクタ
  • 2 x Time of Day メッセージ:
    • RS-232C, DINコネクタ
  • アラーム:
    • 緊急 / 非緊急 リレー接点
    • USBコネクタ
  • 1 x 差動スペア信号:
    • DINコネクタ(4非絶縁出力)