Avalanche

ソフトウェアに関するFAQ

QCAW| Windows 8/8.1/10に対応していますか?

FAQ ID:B1

A

対応しています。

  • Windows 8 AvalancheVer 4.46以降
  • Windows 8.1 AvalancheVer 4.63以降
  • Windows 10 AvalancheVer 4.63以降

*Windows7のサポートは2019年12月末までになります。

回答を閉じる

QCAW| クライアントとサーバを疑似してネットワークデバイスに 負荷をかけられますか?

FAQ ID:B2

A

はい。

各テストポートでそれぞれクライアント・サーバを疑似できます。
<テスト作成ウィザード( 3 of 4 )>で "Device"カテゴリを選択することで、クライアント・サーバを擬似するテスト設定の作成ができます。

回答を閉じる

QCAW| WEBサーバのパフォーマンスを試験できますか?

FAQ ID:B3

A

はい。

Avalancheでクライアントだけを疑似することができます。
<テスト作成ウィザード( 3 of 4 )>で "Application"カテゴリを選択することで、クライアントのみを擬似するテスト設定の作成ができます。

回答を閉じる

QCAW| Avalancheでクライアントとサーバの両方を疑似する場合、これらは同期してテストを実施しますか?

FAQ ID:B4

A

いいえ。

Avalancheのテストポートは、それぞれ自律的に動作します。
他のポートの状態により動作が制限されることはありません。

回答を閉じる

QCAW| TCPの再送回数やタイムアウト時間を変更できますか?

FAQ ID:B5

A

はい。

試験環境下でのドロップや遅延による再送処理にも対応します。
Network設定で変更できます。

回答を閉じる

QCAW| 試験結果は保存できますか?

FAQ ID:B6

A

はい、できます。

AvalancheのGUIが管理するプロジェクトフォルダに保存されています。
結果ファイルは、<Results>画面の"Save As"ボタンでCSVファイルとして保存できます。

回答を閉じる

QCAW| サーバの戻り値を変更できますか?

FAQ ID:B7

A

できます。

データサイズをbyte単位で任意に変更できます。
また、好きなデータファイルを戻り値として指定することもできます。
Serverタブ > Transactions設定で変更できます。

回答を閉じる

QCAW| 試験中、負荷量を変更できますか?

FAQ ID:B8

A

できます。

負荷量を絶対値または相対値で変更することができます。
DUTの限界を探るデバッグ機能としても役立ちます。
試験中に[Run]タブ > [Load]タブで変更できます。

回答を閉じる

QCAW| ライセンスは、ユーザごと必要ですか?

FAQ ID:B9

A

ハードウェアモデルごとにライセンスファイル・登録方法が異なります。

  • 290/2900/3100A/3100B/C100は、制御PC・バージョンごとにライセンス(.xml)が必要です。
  • C100MP/C100-S3-MP/TestCenterモジュールは、筐体ごとにライセンス(.lic)のインストールが必要です。
  • Avalanche Virtualは、VMごと(v4.5xよりGUIごとに)ライセンスサーバの設定が必要です。

以下の各ハードウェアのライセンス導入手順書を参照ください。

回答を閉じる

QCAW| Avalancheで試験できるプロトコルは何ですか?

FAQ ID:B10

A

現在対応しているプロトコルについては、下記製品ページよりご参照ください。

アプリケーションパフォーマンステスタ「Avalanche」【 サポートプロトコル 】

回答を閉じる

QCAW| 試験結果はExcel等で確認できますか?

FAQ ID:B11

A

はい、できます。

結果は、自動的にcsvファイルとして保存されます。
また、Avalanche Analyzerという標準で使用できる別ソフトを使pdfやhtml形式で保存できます。

回答を閉じる

QCAW| 複数のプロトコルを混ぜて試験できますか?( 例、DHCP, DNS, HTTPS)

FAQ ID:B13

A

はい。

[Client]タブ > [Action]タブで変更できます。

回答を閉じる

QCAW| プロトコル別に負荷量を変えることはできますか?

FAQ ID:B14

A

はい。

[Client]タブ > [Associations]タブで設定できます。
Load Profile TypeにてUserBasedを選択し、 プロトコル別に作成したLoad設定およびAction設定を紐付けします。

*Load単位をUsers、Users/secに選択します。

回答を閉じる

QCAW| 脆弱性の試験ができますか?

FAQ ID:B16

A

はい。

別途オプションライセンスが必要です。
RAW/Statefull/Statelessの攻撃トラフィックを印加し、IDS/IPSなどに対してDDoS試験や脆弱性試験を行えます。

回答を閉じる

QCAW| Avalancheクライアント(制御PC)⇔アプライアンスの通信プロトコル及び使用しているポート番号は?

FAQ ID:B17

A

以下のポートが通信できるように設定をお願いいたします。

シャーシ/アプライアンスモデルの場合

-TCP: 1666, 40004, 49152-62667
-UDP: 40004
-SSH: 22,1336

Avalanche VirtualおよびLicense Serverの場合

-TCP: 22, 27000 - 27200, 32768 - 61000
-ARP
-ICMP
-UDP: 123

回答を閉じる

QCAW| 結果表示されるの時刻とタイムスタンプについて

FAQ ID:B18

A

ResultsタブのData&Timeは、試験実施の時刻(JST)になります。

RealTimeStatistics画面とCSV保存された結果のTimeStamp表示については、GMT時刻に変換したものとなっており、日本時間とは9時間異なります。
どちらの時刻も制御PCの時刻となっています。

回答を閉じる

QCAW| パケットキャプチャ機能がありますか?

FAQ ID:B19

A

はい。

"Trial Run"の場合は、試験終了後に自動的にpcapファイルが作成されます。
"Test Run"の場合は、設定により、最大50MBまでのパケットキャプチャが可能です。

保存されたPCAPファイルは、[Results]タブ > Detailフィールドで確認できます。
PCAPファイルを表示するためには、デコードツールの指定を お勧めします。

※設定箇所:
[Tools]メニュー >[ Preferences]
Resultsフォルダ > Details : "View for PCAP Files"

"Test Run"の場合はデフォルトではパケットトレースが保存されません。 以下の設定を行ってください。
[Run]タブ > [Configure]タブで、"Packet Trace"オプションをチェックする必要があります。

回答を閉じる

QCAW| 擬似クライアント・サーバはPingに応答しますか?

FAQ ID:B20

A

試験実行中(ステータスランプが"3"の場合)のみPingに応答します。

Pingに応答するIPアドレスは

  • Associationで設定されている、Client SubnetのIPレンジ
  • Associationで設定されている、ServerのIPレンジ
  • Associationで設定されている、PortタブのVirtual Router

回答を閉じる

QCAW| HTTP/2の試験できますか?

FAQ ID:B21

A

はい。別途オプションライセンスが必要です。

回答を閉じる

QCAW| サーバ擬似のみの試験ができますか?

FAQ ID:B22

A

はい。クライアントの設定をせず、サーバ擬似だけができます。

<テスト作成ウィザード( 3 of 4 )>で "Device"カテゴリを選択し、クライアント・サーバを擬似するテスト設定を作成します。
Client Associationの設定はする必要がありません。

※設定箇所:
[Tools]メニュー >[ Preferences]
Confirmation Dialogsフォルダ
>"Allow Advanced Tests Without Client Parameters"

回答を閉じる