SYNESIS

よくあるお問い合わせ

ID.

Q. SSS| NTPサーバとの同期ではなく、OSの時刻を手動で変更する方法はありますか?

A.


SYNESISの時刻はシステムクロック、ハードウェアクロック、キャプチャNICクロックの計3種類あり、時刻変更の際は全てを合わせる必要があります。

システムクロック:OSで表示される時刻。ログ、統計・解析情報の時刻に使用される。
ハードウェアクロック:OS起動時に参照されてシステムクロックに反映される。
キャプチャNICクロック:キャプチャしたパケットのタイムスタンプに使用される。

以下に手動による時刻変更方法を記載します。

  1. SYNESIS_GUIからキャプチャを停止します
     
  2. GUIのNTP設定をOFFへ変更します
     
  3. SSHでOSへログイン後、以下のコマンドを実行してシステムクロック及びハードウェアクロックを設定します
    $ date:現在の時刻を確認します
    $ sudo date -s "mm/dd hh:mm yyyy":時刻(システムクロック)を再設定します
    $ sudo hwclock --systohc:ハードウェアクロックを再設定します
    $ date:設定時刻であることを確認します
  4. 以下のコマンドを実行してキャプチャNICクロックを設定します
    $ sudo su -:実行後、OSのログインパスワードを入力します
    # service pvc_packet_agent stop
    # /opt/napatech3/bin/ntstop.sh
    # /opt/napatech3/bin/ntunload.sh
    # /opt/napatech3/bin/ntload.sh:この段階で新しい時刻がキャプチャNICに反映されます
    # /opt/napatech3/bin/ntstart.sh
    # service pvc_packet_agent start
  5. GUIのNTP設定をONにします
  6. SYNESISのキャプチャを開始します
なお、上記3つの時刻にずれがある場合はSYNESISが正常に動作しない可能性があるためご注意ください。

<< よくあるお問い合わせに関するFAQ一覧へ戻る