Spirent TestCenter

アプリケーション全般

ID.

Q. NCS| [app-0021] 送受信フレームのレイテンシ (遅延、latency) 測定について、タイムスタンプの時刻参照位置をフレームの先頭や末尾に変更できますか?

A.


可能です。
"Start Of Frame" (先頭) か "End Of Frame" (末尾) を選択できます。

時刻参照する項目は下記になります。

  • 送信側のタイムスタンプの時刻参照位置変更:
    [All Traffic Generrator]->[ Timestamp Latchmode]
    または
    送信ポート->[Traffic Generator]->Schdeule Mode 内の[Advanced]ボタン で
    "Start Of Frame" (先頭) か "End Of Frame" (末尾) を選択できます。

  • 受信側のタイムスタンプの時刻参照位置変更:
    同様に [All Traffic Analyzer]->[Timestamp Reference Location]
    または
    受信ポート->[Traffic Analyzer]->Schdeule Mode 内の[Advanced]ボタン で
    "Start Of Frame" (先頭) か "End Of Frame" (末尾) を選択できます。

*レイテンシ測定のためには[Stream Block Editor]->[General]タブの "Include Signature Field" をチェックしている必要があります。(デフォルトではチェックされています)

キーワード:
遅延, レイテンシ, タイムスタンプ

<< アプリケーション全般に関するFAQ一覧へ戻る