東陽テクニカ

EMI対策アシストソフトウェア 「EMINT」

NEW

EMI対策の効率化にデータとAIを

EMINTは過去のEMI測定データの中から、効果的な対策方法を見つけ出し、開発者が ”今” 直面しているEMI対策の実施をアシストするソフトウェアです。

  • EPX/REデータに対応

特長

デジタル化による集合知へ

開発エンジニア個々人が持っていた対策ナレッジをEMINTで収集・集約し、さまざまな技術情報・測定データと関連付けて統合します。

AIによるアシスト機能

過去データからの示唆

AIを用いて対策対象のノイズと類似の特徴を持つノイズを過去の測定データの中から発見します。
過去データに記された対策コメントの中から対策の手がかりを得ることができます。

ノイズ源部品を推定

製品を構成する部品のクロック周波数を一覧にしたリストの中から、ノイズの原因となっている部品を推定します。対策箇所の絞り込みに効果的です。 

業務のデジタル化を促進する機能

データグルーピング

“プロジェクト” という管理単位を導入し、測定データを自由にグループ化して管理することができます。

強力なデータ検索

ファイル名やメタデータの値によるデータ検索、スペクトラムの特徴による絞り込みなど、データ検索の体験を向上させます。

コメント追記

測定データの任意の周波数点に対してコメントを追記したり、過去データとの関連付けを設定することができます。

独自の特許技術

類似波形を推定するアルゴリズムには特許取得済みの当社独自技術を採用しています。

仕様

場所を選ばずデータにアクセス

クライアント/サーバー型のアーキテクチャにより、遠隔地からのデータの閲覧や操作が可能です。
例えば測定室に設置されたEMINTサーバに執務室からアクセスしてデータ解析のサポートを行うこともできます。

※ コンピュータ間がネットワークで接続されている必要があります
※ 同時接続人数に制限があります

EPX/REの測定データを学習

EMINTは独自のデータベースを持ちます。
EPX/REの測定データが保存されるフォルダをモニタして、測定データが新規保存されるたびに即座に学習を行いデータベースを更新します。

EMINTは学習したデータベースからデータを取り出して閲覧・解析を行います。

システム構成

推奨動作環境

EMINTクライアント

OS Windows10 64bit 日本語
プロセッサー Intel 第7世代以降のCPU
メモリ 8GB以上のRAM
ディスプレイ 1920 x 1080 (最小仕様 1766 x 768)

 

EMINTサーバ

お問い合わせください。

機能

対策業務の体験を向上させるため、継続的に機能追加に取り組んでまいります。

測定データ分析

  • EPX/REデータ簡易表示
    • スペクトラムグラフ
    • 妨害レベルリスト
    • メタデータ(コメント)
  • 類似過去事例提示
    • AIによるサジェスト
    • 局所グラフ重ね描き
    • レベル変化分析
  • クロックリスト照合
    • ノイズ源部品推定
    • 高調波重ね描き
  • マージンを超えるノイズピックアップ
  • スペクトラムグラフ表示・操作
  • コメント追記

測定データ検索

  • フリーワード検索
  • 詳細検索
  • 検索フィルタ
  • メタデータ検索
  • スペクトラムサムネイル表示

測定データ管理

  • プロジェクト管理(CRUD)

測定データ学習

  • データフォルダ監視

マスター情報管理

  • 製品・モデル/モード
  • クロックリスト