FAQ

TIPS、使い方のコツ

エミッションソフトウェア(EP5、EP7、EP9、EPX)

ID.

Q. EP5/EP7/EP9/EPX ソフトウェアにおける、測定済みデータのアンテナファクター、経路ファクターの変更方法

A.


EP5/EP7/EP9/EPX ソフトウェアにおいて、測定後にアンテナファクター、経路ファクターを変更することが可能です。

通常は、[環境]-[パス設定]、[アンテナ設定]などのメニューよりファクタを設定しますが、これらのファクタは「これから測定を行うときに使用するファクタ」を設定する箇所になります。

測定済みデータのファクターを変更するときは、測定データを読み込み、データツリーのファイル名をマウスの右クリックを行います。(コンテキストメニューを表示させます)

EPXの場合は、スペクトラムグラフ右側の測定データファイル名を選択し、マウスの右クリックを行います。(コンテキストメニューを表示させます)


ここから[パス設定]、[アンテナ設定]を選択することにより、測定データ内の経路ファクター、アンテナファクターを変更することが可能です。
変更した後、ファクター再計算の確認メッセージが表示されます。このメッセージの後、測定データ内のファクターが、変更されたファクターで再計算されます。(候補リスト、妨害レベルリストについてはファクターが更新され、レベル、マージン等も再計算され更新されます)

<< エミッションソフトウェア(EP5、EP7、EP9、EPX)に関するFAQ一覧へ戻る