セキュアコーディングの実例を紹介!!C/C++コーディングに関するベストプラクティス紹介セミナー& Helix QAC/QAC++ ワークショップ

愛知
2020年2月7日(金)

開催時間

13:00-16:30(開場:12:30)

●場所

    名古屋広小路ビルヂング 地下1階

セミナー① セキュアコーディングに関するベストプラクティス

サーバー攻撃による脅威が増加しているなか、コードレベルでのセキュリティ対策は非常に重要です。サーバー攻撃には様々な形態がありますが、その多くは悪意あるコードによって引き起こされるものです。本セッションでは、実例を交えて対策方法を紹介します。

<対象者>

  • CERT-C/CERT-C++などコーディングガイドラインご利用の方
  • セキュリティ対策にご興味のある方

セミナー② マルチスレッドプログラミングに関するベストプラクティス

ソフトウェアのパフォーマンスを向上させるには、マルチスレッドプログラミングを使用することが重要です。しかし、誤った使用はセキュリティリスクにもつながります。本セッションでは、「Helix QAC 2019.1」以降で実装された、マルチスレッド処理関連のコーディングエラーの検出機能を紹介します。

<対象者>

  • マルチスレッドプログラミングを利用している方/これから利用予定の方
  • セキュリティ対策にご興味のある方

「Helix QAC/QAC++」が学べる東陽ユーティリティを用いたワークショップ

「Helix QAC/QAC++」での解析をコマンドラインから実行するためのスクリプト(東陽ユーティリティ)に関するワークショップです。基本的な解析ステップや解析に必要な情報について学習してから、実際にプロジェクトの作成→解析→結果出力までを自動化する解析手順を学びます。(「Helix QAC/QAC++」ユーザー向けの内容です。)

<対象者>

  • 「Helix QAC/QAC++」で解析を実施するための設定についての理解を深めたい方
  • 東陽ユーティリティの使い方を知りたい方

開催地 日時 開催内容 費用 空席 定員 申し込み
愛知 2020年2月7日(金)
13:00~16:30
C/C++コーディングに関するベストプラクティス紹介セミナー& Helix QAC/QAC++ ワークショップ 無料 (要事前登録) 40(各20) 受付終了
開催地 愛知
日時 2020年2月7日(金) 13:00~16:30
開催内容 C/C++コーディングに関するベストプラクティス紹介セミナー& Helix QAC/QAC++ ワークショップ
費用 無料 (要事前登録)
空席 定員 40(各20)
申し込み 受付終了

開催概要

セミナー名
C/C++コーディングに関するベストプラクティス紹介セミナー& Helix QAC/QAC++ ワークショップ

開催日時
2020年2月7日(金)
    13:05~14:45 (セミナー)
    15:00~16:30 (ワークショップ)

開催場所
名古屋広小路ビルヂング 地下1階     
(〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-3-1)   
※東陽テクニカ 名古屋営業所が入っているビルです。

[地下鉄]
・東山線:伏見駅 4番出口から徒歩4分

アクセスマップについてはこちらをご参照ください。

参加費
無料(要事前登録)

定員
セミナー/ワークショップで各20名

主催

タイムテーブル

TIME LAP 概要
12:30- 30 開場: 受付開始
13:00-13:05 5 開会の挨拶
13:05-14:00 55 セミナー①:セキュアコーディングについて
14:00-14:45 45 セミナー②:マルチスレッドプログラミングについて
14:45-15:00 15 Q&A
休憩
15:00-16:30 90 ワークショップ
16:30 - 閉会

注意事項

参加確認について
お申し込み受付後、E-mailもしくはFAXにて参加証を送付いたします。

セミナーお申込み

お申込みフォームよりお申込み下さい。

株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション (担当: 横川、鹿取)
Tel: 03-3245-1248, E-mail: ss_sales@toyo.co.jp