「FIT2019」に出展します

2019年10月24日(木)~ 25日(金)

開催時間

10:00 ~ 18:00(両日とも)

●場所

    東京国際フォーラム(東京・有楽町)
    ホールE・ホールB5・ホールB7・ガラス棟

パブリッククラウドの利用や加速するオープンバンキングの動きなど、デジタル化によってサービス提供の仕組みやビジネスモデルに変革が起こっている金融業界には、多層的な脆弱性対策による堅牢なセキュリティと優れた顧客体験を両立させたサービスの提供が求められています。

東陽テクニカブースでは、「金融サービスのセキュリティ対策&テストの自動化」をテーマに、“安心・安全なアプリケーション開発”を支援する最新のセキュリティ・ソリューションと、開発の効率化・品質向上を実現する新サービスを紹介します。


イベント概要

名称 FIT2019 
Financial Information Technology 2019
金融国際情報技術展
会期 2019年10月24(木)~ 25日(金)10:00 ~ 18:00
会場 東京国際フォーラム(東京・有楽町)
ホールE・ホールB5・ホールB7・ガラス棟
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5−1[交通アクセス
入場料 無料

【注】金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方は入場自由ですが、それ以外の方は入場券が必要になります。ご希望の方は、弊社(ss_sales@toyo.co.jp)までご連絡ください。
主催 日本金融通信社(ニッキン)
共催 金融ジャーナル社、CMC

展示ソリューション

★★ブース番号:EA19(ホールE B2F)★★

アプリケーション・セキュリティ・ソリューション

脆弱性静的解析ツール「Checkmarx CxSAST」

ソースコードに潜む脆弱性を検出し可視化することでセキュアなソフトウェア開発を支援する、セキュリティに特化した高精度で柔軟性のある静的解析ツールです。GoやSwiftといった最新の言語を含む20種類のプログラミング言語で書かれたソースコードを解析し、何百種類もの脆弱性を検出することができます。

⇒ さらに詳しく

OSSリスク管理ツール「Checkmarx CxOSA」

ソフトウェア開発において広く利用されているオープンソースソフトウェア(OSS)のリスクを可視化し、適切に管理するためのツールです。Checkmarx社が独自にデータベース化した世界中のOSS情報をもとにOSSライブラリを解析し、OSSに関連する3つのリスク(セキュリティ上のリスク、ライセンス上のリスク、運用上のリスク)を自動で分析・可視化します。

⇒ さらに詳しく

インタラクティブアプリケーション脆弱性検査ツール「Checkmarx CxIAST」

Webアプリケーションのセキュリティテストを自動化し、脆弱性を動的かつ継続的に検出する脆弱性検査ツールです。Webアプリケーションサーバーに検査エージェントを一度組み込みさえすれば、ソフトウェア開発プロセスに含まれる通常の機能テストを実行するのと同時に、エージェントがWebアプリケーションの挙動を自動的に監視して脆弱性をリアルタイムに検出します。“DevSecOps”をより少ないコストで実現でき、セキュリティ面も含めた高品質なWebアプリケーションの迅速なリリースを可能にします。

⇒ さらに詳しく

体験型AppSecマイクロラーニングサービス「Codebashing」

ソフトウェア開発やウェブサイト管理に携わるセキュリティ担当者が、最新のセキュリティ脅威とその対策について、ゲーム感覚で楽しみながら学習できるオンライン学習サービスです。発生しやすい脆弱性がプログラム言語別に細分化して学習コンテンツ化されていて、通常業務の中で受講者各人のペースで学習を進めることができます。さらに、反復演習により知識・スキルの確実な習得が可能になります。

⇒ さらに詳しく

アプリケーション開発の効率化・品質向上・リリース高速化


モバイルテスト自動化支援サービス「Perfectoモバイル」
Webテスト自動化支援サービス「Perfecto Web」


いつでも、どこからでも利用でき、DevOpsの開発スピードを損ねることなく、確実かつ継続的に様々なテストを実施できるモバイルアプリ/WebアプリのSaaS型テスト自動化支援サービスです。テストの作成、テストの実行、クラウドベースのテストラボ、AIを利用したテスト結果のリアルタイム分析を単一プラットフォームで包括的に提供します。位置情報/Touch ID/画像認識/音声認識を利用したモバイルアプリやレスポンシブ/プログレッシブなWebアプリなどの困難なテストシナリオも自動化できます。AIを利用したダッシュボードで、分析結果とテストの合否が一目で確認でき、即座に不具合修正に取り掛かれます。

⇒ 「Perfectoモバイル」について、さらに詳しく

⇒ 「Perfecto Web」について、さらに詳しく

*展示内容は予告なしに変更することがございます。