FAQ検索結果

検索キーワード:

Qライセンスファイルから利用可能なQACバージョンを確認することはできますか?

A

はい、ライセンスファイルから確認することができます。

ライセンスファイルをテキストエディタで開いて、LICENSEから始まる行の内容をご確認ください。もし、この4列目の値が8.2以上の値であれば、ライセンスファイルを変更すること無しに8.22Jをお使い頂くことが可能です。
もし、4列目の値が8.2未満の値であれば、ライセンスファイルをアップグレードする
必要があります。お手数ですが、弊社ライセンス係までお問合せいただけますでしょうか。

回答を閉じる

QRepriseライセンスで、ライセンスを借用(BORROW)することはできますか? QA C7.2.3J以上/QA C++2.5.1J以上

A
Repriseにおいて、借用(BORROW) に相当する機能はローミングと呼ばれます。Repriseライセンスには、標準でローミング機能は付いておりません。有償でローミング機能を追加することができます。

回答を閉じる

QRepriseライセンス・サーバからタイムアウトしてしまいます。どうすればこの問題を解決できますか? QA C7.2.3J以上/QA C++2.5.1J以上

A

ネットワークトラフィックによる影響で、この現象が起きることがあります。デフォルトでは、クライアントは100万マイクロ秒の経過後にタイムアウトします。次の環境変数を作成することで、より長いタイムアウト値を設定することが可能です。

環境変数名 RLM_CONNECT_TIMEOUT (秒単位)
デフォルト  10秒 
設定可能な最小値 5秒

回答を閉じる

QRepriseのライセンスで、ライセンスサーバの冗長構成をとることはできますか? QA C7.2.3J以上/QA C++2.5.1J以上

A

可能です。

ライセンスサーバ(Reprise)の冗長構成は、メインマシンとサブマシン、2台のマシンで構成します。この冗長構成をとるためには、ライセンス申請時に、メインマシンとサブマシン、両方のホストIDが必要となります。
冗長構成において、メインマシン - サブマシン間では定期的に通信を行い、メインマシンのヘルスチェックを行います。メインマシンへの通信が途絶えると、サブマシンはメインマシンのライセンスサーバがダウンしたと判断し、ライセンス管理機能を自身に切り替えます。 詳細な手順につきましては、テクニカルサポートまでお問合せください。

- 注意事項 -
メインマシンのRepriseサービスが停止しただけではフェイルオーバーは行われません。

回答を閉じる

Q担当にソフトウェア開発者が2名在籍します。 Imagix4D評価版を2人で評価できますか。

A

評価版ライセンスでのご利用の場合、同時にImagix4D評価版を利用できるのは、1ライセンスにつき、1ソフトウェアとなります。
しかし、評価版ライセンスは、ノードロックライセンスとなるため、各々のクライアントマシンにコピーした評価版ライセンスを配置することができます。 各々のクライアントマシンに評価版ライセンスを配置していただくことで、Imagix4D評価版を評価していただけます。

回答を閉じる

QPerforceHelix サーバのバックアップについて教えてください。

A

Perforce Helix サーバのバックアップについては、こちらの動画をご覧ください。
ご参考に弊社のバックアップ運用で実績のあるスクリプトを紹介いたします。

- Perforce Helix バックアップスクリプト

- 本スクリプトは、弊社のバックアップ運用において動作実績があるスクリプトです。
- 動作させるには、お客様の環境に合わせて一部内容を変更する必要があるかもしれません。ロジックをご参考にしていただければ幸いです。
- p4_backup3.pl の冒頭コメント部分に記載している情報(機能概要、注意事項など)を必ずお読みください。

- ご不明な点がございましたら、こちらまでご遠慮なくお問い合わせください。

回答を閉じる

Qシンタックスエラーが一定数を超えたとき、それ以上の解析をしないような設定は可能でしょうか? QA C全バージョン

A

解析オプションの -maxerr を使用してください。

例えば -maxerr=10 というオプションを指定して解析を行うと、 シンタックスエラーが10回出力されたところで解析を中断します。
シンタックスエラーに相当するメッセージは、 Version4.xJまでは、HARD ERRORと表示されるメッセージの出力数ですが、 Version6.xJ以降では、レベル9のエラーの出力数になります。

UNIX版 GUI
4.2Jでは GUIで「解析パーソナリティ」->「詳細オプション」の 「最大エラー回数」のフィールドで設定することができます。
この設定によって途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「ステータスウィンドウ」の「ステータス」に「失敗」と表示されます。
4.5.3J以降のGUIでは、アナライザ・パーソナリティの「解析処理」にある 「中止するまでのハードエラー最大出現回数」で設定することができます。
この設定によって途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「ステータスウィンドウ」の「ステータス」に「解析失敗」と表示されます。

PC版 GUI
4.2Jでは GUIで「アナライザ・パーソナリティ」の設定ダイアログボックスの 「スタイルと構成」のタブをクリックして「メッセージの構成」部分の 「中止するまでの最大ハードエラー出現回数」のフィールドで設定することができます。
この設定によって途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「解析状態画面」の「状態」に「解析ワーニング」と表示されます。
4.5.3J以降のGUIでは、アナライザ・パーソナリティの「解析処理」にある 「中止するまでのハードエラー最大出現回数」で設定することができます。
この設定のために途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「解析状態画面」の「状態」に「解析警告」と表示されます。

回答を閉じる

Qクロスモジュール解析(CMA)とはなんですか?

A

ソース・コード解析の局面によっては完全なプロジェクト情報が必要となる場合があります。たとえば、間接的な関数の再帰的使用に関する精度の高い解析は、関数の定義が含まれるすべてのソース・ファイルにわたって行うことで初めて可能となります。クロスモジュール解析 (CMA) は、プロジェクト内のすべてのソース・ファイルについてこの種の追加解析を行えるようにするものです。

- CMA警告メッセージ例 -

" 関数 'name' が定義されていますが、このプロジェクトでは使用されていません。 "

保守作業の間に、最初の仕様で使用されている関数やオブジェクトが置き換えられたり冗長となり、プロジェクト内のどの場所でもオブジェクトが参照されていないことがあります。この場合、可能であれば、混乱を招かないようにその宣言を削除すべきであるため、上記メッセージが出力されます。

回答を閉じる

Qクロスモジュール解析(CMA)で、問題の発生箇所が1つに特定されない警告メッセージが検出されました。なぜですか?

A

クロスモジュール解析(CMA) の警告メッセージには、問題の発生箇所を1箇所に特定することができないものがございます。例えば 1510番のメッセージの場合、メッセージブラウザ上ではソースコードと共には出力されず、以下のように出力されます。 この例では、1510番のメッセージが指摘する問題は、「ここで 'alloca' が宣言されています。」というサブメッセージが示す3箇所が問題の発生箇所として考えられます。

- メッセージブラウザでの出力例

Msg(7:1510) 外部結合をもつ 'alloca' が、複数個宣言されていますが互換性がありません。
ここで 'alloca' が宣言されています。: alloca.c(139)
ここで 'alloca' が宣言されています。: getopt.c(47)
ここで 'alloca' が宣言されています。: getopt.c(191)

回答を閉じる

Qチケットの有効期間を変更することはできますか?

A

Perforce グループごとに異なるチケットの有効期間を設定することができます。

チケットの有効期間を設定するには、Perforce グループの" p4 group "フォームの" Timeout: "フィールドを編集します。複数のグループに属するユーザの場合、チケットの有効期間は、対象のユーザが属する全グループの" Timeout 値 "の内、最大値となります。( この計算では、" unlimited "は含まれ、" unset " は無視して計算されます )

- 補足情報 -
システムアカウント用などのチケット有効期間を無期限にする場合には、Timeout:フィールドを [ unlimited ] に設定します。

回答を閉じる

Qライセンスサーバを別のコンピュータに変更するには、どのような手続きが必要ですか。

A
ライセンスサーバとして使用するコンピュータのOSの種類、マシン識別子、コンピュータ名をご連絡ください。
マシン識別子は、Windows/Linuxの場合はMACアドレス、Solarisの場合はホストID、HP-UXの場合は"uname -i"の結果になります。

回答を閉じる

Qライセンスサーバの対応OSと必要スペックを教えてください。

A
OSは、Windows、Linux、Solaris、HP-UXのいずれもライセンスサーバにすることができます。
ライセンスサービスについては、大きなマシンパワーは必要としておりませんので、普段ご使用中のコンピュータをご利用いただくことができます。

回答を閉じる

Qチケットの有効期間を変更することはできますか?

A
Perforce グループごとに異なるチケットの有効期間を設定することができます。

チケットの有効期間を設定するには、Perforce グループの" p4 group "フォームの" Timeout: "フィールドを編集します。複数のグループに属するユーザの場合、チケットの有効期間は、対象のユーザが属する全グループの" Timeout 値 "の内、最大値となります。( この計算では、" unlimited "は含まれ、" unset " は無視して計算されます )

- 補足情報 -
システムアカウント用などのチケット有効期間を無期限にする場合には、Timeout:フィールドを [ unlimited ] に設定します。
 

回答を閉じる

Qどのようなログイン認証が可能ですか?また、認証先にLDAPサーバ(Active Directory、OpenLDAPなど)を利用することはできますか?

A
Helixサーバは、以下の2つの認証方式をサポートしており、LDAPサーバ(Active Directory、OpenLDAPなど)と連携したログイン認証もサポートしています。 ■ 認証方式
 1. Helixデータベースを利用したログイン認証
 2. LDAPと連携したログイン認証


1. Helixデータベースを利用したログイン認証
通常、Helixサーバへのログイン認証には、Helixサーバ(Helixデータベース上)に登録されたユーザ情報を利用します。

この認証処理の流れは以下のとおりです。


2. LDAPと連携したログイン認証
ログイン認証にLDAPサーバの情報を利用することもできます。LDAP連携には、Helixサーバ上にユーザ情報が必要となりますが、パスワード情報は必要ありません。なお、代表的なActive DirectoryやOpenLDAPをサポートしており、Helixサーババージョン2015.1以降からは、以下の2種類の認証方法に対応しています。

■ 2種類の認証方法
 ・LDAP仕様を利用した方法
 ・認証トリガを利用した方法


これらの認証処理の流れは以下のとおりです。

 

回答を閉じる

QLinuxパッケージを利用してPerforceサーバをインストールすることができますか?

A
はい、可能となります。対応しているLinuxディストリビューションは、Debian(.deb) for Ubuntu systemsとRPM (.rpm) for CentOS and RedHat Enterprise Linux (RHEL)になります。 ・Debian(.deb) for Ubuntu systems
・RPM (.rpm) for CentOS and RedHat Enterprise Linux (RHEL)

Debian(.deb) for Ubuntu systems1.Perforceパッケージ用リポジトリの作成
Perforceパッケージ用のリポジトリを作成します。ご利用中のOSバージョンにより記載内容が異なります。

For Ubuntu 12.04:
ファイル名"/etc/apt/sources.list.d/perforce.list"を以下の内容で作成します。deb http://package.perforce.com/apt/ubuntu/ precise release
For Ubuntu 14.04:
ファイル名"/etc/apt/sources.list.d/perforce.list"を以下の内容で作成します。deb http://package.perforce.com/apt/ubuntu/ trusty release
For Ubuntu 16.04:
ファイル名"/etc/apt/sources.list.d/perforce.list"を以下の内容で作成します。deb http://package.perforce.com/apt/ubuntu/ xenial release
2. PERFORCEパッケージ署名鍵のインポート
次のコマンドを実行して署名鍵をインポートします。$ wget -qO - https://package.perforce.com/perforce.pubkey | sudo apt-key add -
3. Perforceパッケージのインストール
次のコマンドを実行し、Perforceパッケージをインストールします。$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install helix-p4d ※引数として設定されている"helix-p4d"を"helix-proxy"、"helix-broker"に置き換えていただくことで、Perforceプロキシサーバ、Perforceブローカーサーバをインストールすることができます。

- インストールされるパッケージ helix-cli
helix-cli-base
helix-p4d-base
helix-p4d-base-17.1
helix-p4dctl ※現在の最新バージョンP4D2017.1がインストールされます。


RPM (.rpm) for CentOS and RedHat Enterprise Linux (RHEL)1.Perforceパッケージ用リポジトリの作成
Perforceパッケージ用のリポジトリを作成します。ご利用中のOSバージョンにより記載内容が異なります。

For CentOS/RHEL 6:
ファイル名"/etc/yum.repos.d/perforce.repo"を以下の内容で作成します。 [perforce]
name=Perforce
baseurl=http://package.perforce.com/yum/rhel/6/x86_64/
enabled=1
gpgcheck=1
For CentOS/RHEL 7:
ファイル名"/etc/yum.repos.d/perforce.repo"を以下の内容で作成します。 [perforce]
name=Perforce
baseurl=http://package.perforce.com/yum/rhel/7/x86_64/
enabled=1
gpgcheck=1
2. PERFORCEパッケージ署名鍵のインポート
次のコマンドを実行して署名鍵をインポートします。# rpm --import https://package.perforce.com/perforce.pubkey
3. Perforceパッケージのインストール
次のコマンドを実行し、Perforceパッケージをインストールします。# yum install helix-p4d ※引数として設定されている"helix-p4d"を"helix-proxy"、"helix-broker"に置き換えていただくことで、Perforceプロキシサーバ、Perforceブローカーサーバをインストールすることができます。

- インストールされるパッケージhelix-cli
helix-cli-base
helix-p4d-base
helix-p4d-base-17.1
helix-p4dctl ※現在の最新バージョンP4D2017.1がインストールされます。
 

回答を閉じる

Qインストール後の起動時にエラーが出力されました。どのような原因が考えられますか?

A
2つの原因が考えられます。

1. QACインストーラを「管理者として実行」から実行していない
QACインストーラを「管理者として実行」からインストールされていない可能性が考えられます。管理者としてログインしていても、インストーラのダブルクリックでは管理者としてインストールできていない場合がございます。インストーラの右クリックから「管理者として実行」を選択ください。

2. QAC および東陽ユーティリティを C:\Program Files などユーザアカウント制御機能が効くフォルダにインストールしている
Windowsのユーザアカウント制御機能(UAC)によって C:\Program Filesや C:\Program Files (x86) 以下に、QACをインストールされますと正しく動作しない場合がございます。
C:\PRQA というディレクトリを作成し、その配下にインストールいただくことをお勧めいたします。

上記をご対応いただいた後も問題が解決されない場合、お手数ですが、弊社テクニカルサポートまでお問い合わせください。

回答を閉じる

Q東陽ユーティリティ(PRQA Frameworkより前のバージョン用)の起動時にエラーが出力されました。どのように対処すれば良いですか?

A
エラー原因を調査させていただくため、以下の情報を弊社テクニカルサポートまでお送りいただけますでしょうか。

- 東陽ユーティリティ実行時にコマンドプロンプトに表示されるメッセージ
- ログファイル
 go_qa_cmd.log, go_qa_cnf.log など拡張子が .log のファイル
- 設定ファイル
 settings.via およびそこから -via で参照しているファイル

回答を閉じる

Qprqaプログラムの起動ポート番号を固定することはできますか?

A
Reprise サーバ上では、rlm.exe(Linuxではrlm)と prqa.exe(Linuxではprqa)で各々にポート番号が利用されます。rlm.exe (rlm)は固定ポート番号となりますが、prqa.exe(prqa)は起動時に動的にポート番号が付与されます。

下記 URL の手順で prqa.exe (prqa)のポート番号を固定することが可能です。
・Reprise版QA・Cのライセンス設定解説書
 -ライセンスサーバが利用するポートの変更
 -prqa.exeのポートの変更方法
(http://www.toyo.co.jp/ss/products/detail/qac#link22)
 

回答を閉じる

QQA C/QA C++の警告メッセージを英語で出力したいのですが出力することはできますか?

A
QA C/QA C++の解析結果はメッセージファイルを英語メッセージファイルに置き換えていただくことで、英語表示が可能となります。英語メッセージファイルは、各ソフトウェアのダウンロードページから取得していただけます。

以下、QA・C8.1.1-R、QA・MISRA MCM5.2J 、QA・MISRA M2CM3.2Jにおける英語メッセージファイルへの設定例となります。

- QA C8.1.1-R  英語メッセージファイル変更手順 QA・C8.1.1Jのインストールディレクトリ配下の bin\internat.rsc、bin\qac.msg、help\messages\*.*、help\language\*.*のバックアップを取得した上で、ダウンロードページから取得いただいた英語メッセージファイルに置き換えて下さい。

※MISRAオプションをご利用の際は、MISRAオプションのメッセージを置き換えていただくことで、英語表示が可能となります。

- QA MISRA MCM5.2J 英語メッセージファイル変更手順
MCMのインストールディレクトリ配下の messages\*.* のバックアップを取得した上で、ダウ
ンロードページから取得いただいた英語メッセージファイルに置き換えて下さい。
- 注意事項 -
QA・C8.1.1J本体の英語メッセージファイルも置き換えてからご利用ください。
- QA MISRA M2CM3.2J 英語メッセージファイル変更手順 M2CMのインストールディレクトリ配下の messages\*.* のバックアップを取得した上で、ダウンロードページから取得いただいた英語メッセージファイルに置き換えて下さい。
- 注意事項 -
 QA・C8.1.1J本体の英語メッセージファイルも置き換えてからご利用ください。
※ダウンロード用ユーザID、パスワードがご不明な際は、お手数ですが、弊社ライセンス係までお問合せいただけますでしょうか。

 

回答を閉じる

QPerforceサーバのログはどのような方法で管理することができますか?

A
Perforceサーバが出力するログを管理する方法は2つあります。
- 管理方法
1. 構造化ログファイルによる管理
2. P4D起動オプションによる管理

- 詳細
1. 構造化ログファイルによる管理
ログファイルを構造化形式(.csv)で書き込むようにPerforceサーバを構成することができます。構造化ログファイルには一般的なログファイルよりも詳細な情報が含まれ、より解析しやすくなっています。
※詳細な情報が含まれる分、相当量のディスクスペースが消費される可能性があります。ローテート設定を併せて行っていただくことをお勧めいたします。
詳細につきましては、以下のURLをご覧ください。

- ログ記録と構造化ログファイル
http://www.toyo.co.jp/files/user/img/product/ss/help/perforce/r15.1/manuals/p4sag/chapter.superuser.html#superuser.advanced.logging

- 構造化ログ設定
ここでは、コマンドログ、エラーログ、監査ログの設定を例として説明いたします。

    コマンドログ
   - コマンド例
     p4 configure set serverlog.file.2=C:\log\command\commands.csv

    エラーログ
   - コマンド例
     p4 configure set serverlog.file.3=C:\log\error\error.csv

    監査ログ
   - コマンド例 
     p4 configure set serverlog.file.4=C:\log\audit\audit.csv

- ローテート設定例
ログファイルのローテートには、3つの設定が必要となります。

 1. ログファイルサイズの設定
   ログファイルがローテートされるファイルサイズを指定します。
   ※単位はMBでの指定となります。

   - コマンド例(200MB/ファイル)
    p4 configure set serverlog.maxmb.2=200
    p4 configure set serverlog.maxmb.3=200
    p4 configure set serverlog.maxmb.4=200

 2. ログファイル世代数の設定
   保存するログファイルの世代数を指定します。

   - コマンド例(5世代)
    p4 configure set serverlog.retain.2=5
    p4 configure set serverlog.retain.3=5
    p4 configure set serverlog.retain.4=5

 3. ローテート番号カウンタ設定
   ログファイルにローテート番号を追記する場合、カウントを設定します。

   - コマンド例
    p4 configure set serverlog.counter.2=log2
    p4 configure set serverlog.counter.3=log3
    p4 configure set serverlog.counter.4=log4

以上が、構造化ログの設定とログローテートによる管理方法となります。

2. P4D起動オプションによる管理

Perforceサーバ起動時に利用可能なオプションを用いることで、監査ログとサーバコマンドログの出力先を指定していただくことができます。
P4Dオプションの詳細は、以下のURLをご覧ください。

- P4Dオプション
http://www.toyo.co.jp/files/user/img/product/ss/help/perforce/r15.1/manuals/p4sag/appendix.p4d.html#p4d.options

- 利用オプション
-A : 監査ログファイルを指定します。
-L : ログファイルを指定します。

 - オプション設定例
 p4d -r /p4root -p 1666 -A /var/log/p4audit/audit.log -L /var/log/p4server/server.log

以上が、P4D起動オプションによる管理方法となります。

ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくこちらまでお問い合わせください。

回答を閉じる

FAQ一覧へ戻る