事例紹介・技術資料

NEW

perforce_blog-performing-accurate-impact-analysis-helix-alm

【ブログ】HelixALMで正確な影響分析を

要件を変更する際には、その変更によって起こり得る影響を事前に把握しておく必要があります。この影響分析が正確に行われないと後々、追加で行うべき変更の漏れや予期せぬ問題の発生につながってしまうかもしれません。

本ブログでは、影響分析のメリットやその種類を簡単に解説しながら、Perforce Software社のアプリケーション・ライフサイクル・マネジメントツール「Helix ALM」を使った分析の実施方法と生成できるレポートをいくつかご紹介します。

続きを読む

NEW

perforce_blog-requiremets-reuse

【ブログ】要件管理のベストプラクティス - 要件の再利用:

ソフトウェア要件をうまく再利用することができれば、同製品の新バージョンや類似機能を持つ別製品の開発を行う際の手間やコストを大幅に節約することができます。また、既に一連のテストや検証を終えた要件を使うことで、品質の向上も期待できます。本ブログでは、要件を再利用する際の注意点に加え、そのメリットとベストプラクティスをご紹介します。

続きを読む

NEW

perforce_blog_version-control-for-designers

【ブログ】デザイナーにとって最良のバージョン管理システムとは:

ソースコードと同様に重要なデジタルアセットであるにもかかわらず、アーティストやデザイナーが作成したデザインデータは、バージョン管理されることなく、煩雑に管理されていることが少なくありません。本ブログでは、アーティストやデザイナーにもバージョン管理が必要な理由と、ドラッグ&ドロップだけで簡単にバージョン管理を実現できるツール「Helix Sync」をご紹介します。

続きを読む

NEW

perforce_blog_cloudgamedev

 【ブログ】クラウドを利用したゲーム開発ソリューション:

ゲーム開発環境をクラウド環境に移行するうえで考慮するべきこと・得られるメリットをまとめたPerforce Software社ブログの参考訳です。また、高速バージョン管理ツール「Helix Core」のクラウド環境での活用や、新たに登場したクリエイティブ向けデスクトップクライアント「Helix Sync」についてもご紹介しています。
 

続きを読む

テクニカルガイド『Helix CoreをAWSにデプロイする方法』

Perforce Software社テクニカルガイド
『Helix CoreをAWSにデプロイする方法』


AWS 上には、コンピューティング、ストレージ、ネットワークのリソースが、無限ともいえるほどに溢れています。そして、これらをうまく利用できれば、ゲームの開発サイクルを劇的に改善し、製品リリースまでにかかる時間を大幅に短縮することができます。

本テクニカルガイドでは、アーキテクチャ・コンポーネントの観点から、AWS 上でのゲーム開発ワークフローの実装方法や最適化方法についてアドバイスしています。

※本テクニカルガイドを読むには、以下の「続きを読む>」をクリックして、ダウンロードのお申し込みをお願いします。

続きを読む

ホワイトペーパー『セキュアなCコードの記述方法』

Perforce Software社ホワイトペーパー
『セキュアなCコードの記述方法』


ソフトウェアのセキュリティは現代の最大の関心事です。特に、組込みシステム用のソフトウェア開発において、セキュリティ上の脆弱性は致命的です。本ホワイトペーパーでは、セキュアなCコードの記述方法について説明します。

※本ホワイトペーパーを読むには、以下の「続きを読む>」をクリックして、ダウンロードのお申し込みをお願いします。

続きを読む

ホワイトペーパー『組込みソフトウェアのサイバーセキュリティ脆弱性トップ10』

Perforce Software社ホワイトペーパー
『組込みソフトウェアのサイバーセキュリティ脆弱性トップ10』


組込みソフトウェアのセキュリティホールの約90%は、わずか10種類の脆弱性に起因するものだと言われています。

本ホワイトペーパーでは、発生しやすいサイバーセキュリティの脆弱性を調査し、実際のソースコードの例を示しながら解説します。また、コーディングスタイルやプロセスの改善により、それらの脆弱性を回避する方法を検証します。

※本ホワイトペーパーを読むには、以下の「続きを読む>」をクリックして、ダウンロードのお申し込みをお願いします。

続きを読む

ホワイトペーパー『ストリーム導入ガイド:Helix Coreのブランチとマージの簡略化』

Perforce Software社ホワイトペーパー
『ストリーム導入ガイド:Helix Coreのブランチとマージの簡略化』


Perforceストリームは、Helix Coreバージョン管理で利用できるブランチ機能です。この機能を利用することで、並行開発や依存関係、および共通ブランチやリリースアクティビティを今まで以上に簡単に管理することが可能になります。

ストリームは多様なブランチ戦略や開発モデルに対応しており、開発における様々な障害の解決や生産性向上に役立ちます。

本ホワイトペーパーは、Helix Coreの管理者、アーキテクト、および開発/エンジニアリングのリーダー向けです。ストリームへの切り替えのベストプラクティスや事前に検討しておくべきユーザーや他ツールへの影響について説明します。

※本ホワイトペーパーを読むには、以下の「続きを読む>」をクリックして、ダウンロードのお申し込みをお願いします。

続きを読む

ソフトウェアの品質向上に ~静的解析ツール:QA・Cのご紹介~

はじめに

ソフトウェアの品質を上げることは、ソフトウェア開発現場では常に存在する課題です。
V字プロセスにおいても、各工程で不具合が作りこまれる可能性があります。どの工程の不具合でも、作りこまれた工程で発見・修正を行うことが理想的です。後工程で発見・修正となると、手戻りが発生し、納期遅れのリスクも高まります。

続きを読む