メーカーニュース

高精度レーザースキャナ「ULS-500 Micro」取り扱い開始のご案内

Canadian Micro Gravity Ltd,

カナダ2G Robotics Inc.社製高精度水中レーザースキャナの最新機器である「ULS500 Micro」の取り扱いを開始致しました。
最大レンジ10mでミリオーダーの超高分解計測(1ラインあたり2464点)が行え、フィールドでのキャリブレーションが不要である点が特長です。
オプションとして高解像度カメラと強力なLEDパネルを組み合わせることで、3Dデータとカメラ映像が同時で取得可能です。
また、AUVやROVへの取付実績は世界で1番のシェアを誇ります。
ご不明な点につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

ULS-500 micro写真

レーザースキャナで撮影した3Dデータ

高解像度データ例
(左:一般的なカメラデータ、右:2G roborics社カメラデータ)

ULS-500 Micro

スキャンレンジ
レーザースキャナ: 1.2 m~ 10 m
スチールカメラ:1.2 m ~ 7 m
フレームレート
レーザースキャナ: 最大70 Hz(レンジに依存)
スチールカメラ: 6 Hz
レーザー +スチールカメラの同時使用:
レーザー40 Hz 、スチール 4 Hz
1ラインあたりの測深点数
2464
カバレージ範囲
レーザースキャナ: 50°
スチールカメラ: 50° x 44°
Y 分解能 (進行方向)
3.5 mm @ 0.5 Knot (0.25 m/s)
14.2 mm @ 2 Knot (1 m/s)
28.5 mm @ 4 Knot (2.0 m/s)
X 分解能
1.1 mm @ 3m
1.9 mm @ 5m
2.6 mm @ 7m
3.8 mm @ 10m
Z 分解能 (距離方向の解像度)
0.2 mm @ 3m
0.5 mm @ 5m
1.2 mm @ 7m
1.9 mm @ 10m
キャリブレーション
出荷前キャリブレーション、フィールド内キャリブレーション不要
時刻同期用入力フォーマット
PPS , ZDA
スチールカメラセンサ
CMOS 2/3”, グローバルシャッター
スチールカメラオプション
カラーまたはモノクロ
スチールカメラ分解能
2464 x 2056
LED コントロール
静止画カメラの露出に合わせて自動的に同期するストロボ
LED ライト出力
450,000 ルーメン (カスタマイズ可能)
データストレージ
2TB SSD
出力電力/レーザクラス
700 mW, Class 3B, 450 nm
消費電力
レーザースキャナ: 37 W
スチールカメラ: 2 Hz, 1 ms,
50% LEDの場合: 12 W 、 2 Hz, 2 ms,
50% LEDの場合: 24 W 、4 Hz, 2.5 ms,
100% LEDの場合; 86 W
電圧
24-72 VDC
データインターフェイス
Gb イーサネットTCP/IP通信; RS-485; RS-232
重量
水中: 9.3 kg 空中: 18.3 kg
素材
アルミニウムまたはチタンハウジング
耐圧
600 m または 4000m (オプション)

ソフトウェア

データ収録ソフトウェア
標準ソフトViewLS 、C++ ベース組み込み用API (リアルタイムデータ処理可能)
出力フォーマット
レーザースキャナ: .xyz (CSV), LAS 、スチールカメラ: 8-bit .TIFF
サードパーティーソフトウェア
QPS QINSy, EIVA NaviSuite, HYPACK HYSWEEP, 4D Nav