情報通信
IR情報 会社情報

車両緊急通報

車両緊急通報は、事故などの緊急時に位置情報等のデータをコールセンターへ送信し、そこから警察や消防へ緊急通報を自動的に行うシステムです。音声通話が不可能な場合でも、GPS(GNSS)による位置データを含んだ情報がコールセンターを介して警察や消防に送信されるため、事故から救助までの時間の短縮や、交通事故死者数の減少が期待されています。
東陽テクニカは、緊急事態発生後の通報に利用されるセルラー通信の信頼性を検証するソリューションを提供し、「はかる技術」で自動車における新たな機能の実現に貢献しています。

カタログダウンロード
車両緊急通報に関するお問い合わせ
products-category-sitemap_link.png
  • 5G端末自動測定システム「8100 5G端末試験ソリューション」
    1

    5G端末自動測定システム「8100 5G端末試験ソリューション」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    Spirent Communications社は長きにわたり携帯端末のパフォーマンス試験ソリューションを提供してまいりました。来るべき5Gにおいても同様のソリューションを提供してまいります。そのためにSpirent社はNational Instruments社とパートナーシップを締結いたしました。NI社よりソフトウェア無線プラットフォーム試験機を、Spirent社よりネットワークエミュレーションソフトウェアをそれぞれ提供することにより、5G端末の自動試験が可能なプラットフォームを皆様にご紹介させていただきます。

  • 車両緊急通報試験システム「eCall /ERA-GLONASS Test Solution」
    1

    車両緊急通報試験システム「eCall /ERA-GLONASS Test Solution」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    「eCall/ERA-GLONASS Test Solution」は、欧州eCall・ロシアERA-GLONASS車載システムの機能検証とプロトコル規格適合性試験がラボ内で行えます。万が一の時に確実にレスキューコールができるよう市場投入前の機能チェックに役立ちます

  • モジュール式RFチャネルエミュレータ「Vertex」
    1

    モジュール式RFチャネルエミュレータ「Vertex」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    Vertexは、5Gを見据えた次世代のRFチャネルエミュレータです。SISOから多チャネルMIMOまで、さまざまなフェージング環境を提供します。無線通信に関連する機器やシステムを評価するために必要なRF環境を、ご要望に合わせて容易にカスタマイズいただけます。

  • LTE/Wi-Fi対応基地局シミュレータ「Elevate テストフレームワーク」
    1

    LTE/Wi-Fi対応基地局シミュレータ「Elevate テストフレームワーク」
    Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

    ElevateはLTE/UMTS/WiFiに対応した基地局シミュレータです。端末を2台同時に接続し、VoLTEなどのエンドtoエンドアプリケーション試験が簡単に実施可能です。

  • エアモニタ「WaveJudge 5000」
    1

    エアモニタ「WaveJudge 5000」
    Sanjole Inc.

    WaveJudgeシリーズは5G/LTEC-IoTC-V2XMulteFire等の各種セルラ技術に対応したエアモニタです。無線レイヤでデータをキャプチャし、物理層からアプリケーションレベルでのトラブルシューティングを実現します。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。