車両緊急通報

車両緊急通報は、事故などの緊急時に位置情報等のデータをコールセンターへ送信し、そこから警察や消防へ緊急通報を自動的に行うシステムです。音声通話が不可能な場合でも、GPS(GNSS)による位置データを含んだ情報がコールセンターを介して警察や消防に送信されるため、事故から救助までの時間の短縮や、交通事故死者数の減少が期待されています。
東陽テクニカは、緊急事態発生後の通報に利用されるセルラー通信の信頼性を検証するソリューションを提供し、「はかる技術」で自動車における新たな機能の実現に貢献しています。