情報通信
IR情報 会社情報

無線LAN設計支援

iBwave_b.950x40.png
iBwave社無線LAN構築支援ソリューション

iBwave-Wi-Fi-Suite
可搬性に優れた
Android端末用
無線LAN構築支援アプリ
詳細はこちら
結果表示のための
フリーソフトウェア
PCで動作する無線LAN
構築支援ソフトウェア

詳細はこちら

whitepaper201802.png

効率よくWi-Fiネットワークを設計・構築するためのノウハウ集を無償進呈!!

先着100名様にホワイトペーパーを差し上げます。

『Wi-Fiネットワークを設計する際に考慮すべき7つの要素』

Vladan Jevremovic (ブラダン・ジェブレモヴィック)博士 著

ご希望の方は、以下ページより所定事項をご記入の上、お申込み下さい。

カタログ一覧はこちらから
  • iBwave Wi-Fi  無線LAN構築支援ツール
    1

    iBwave Wi-Fi 無線LAN構築支援ツール
    iBwave Solutions, Inc.

     無線LAN構築支援ツール「iBwave Wi-Fi」は、無線LAN構築に必要な時間の最適化および効率化を実現します。3D機能による建物のモデリング、最適なアクセスポイント設置場所の予測および電波強度の予測、必要なネットワーク機器を網羅したネットワーク全体のデザインに加え、アクティブあるいはパッシブサーベイによる信号強度などの実測定も行い、最適かつ効率的な無線LAN環境のデザイン手法をご提供します。

  • iBwave Wi-Fi Mobile  無線LAN構築支援ツール
    1

    iBwave Wi-Fi Mobile 無線LAN構築支援ツール
    iBwave Solutions, Inc.

     無線LAN構築支援ツール「iBwave Wi-Fi Mobile」は、モバイル端末上で無線LAN構築に必要な時間の最適化を実現します。2Dによる建物のフロアプランの作成、最適なアクセスポイント設置場所の予測及び電波強度の予測に加え、現場での状況把握のための画像・映像・音声の保存、アクティブ・パッシブサーベイの実行など、効率的な無線LAN構築を実現します。

  • iBwave Design Enterprise
    1

    iBwave Design Enterprise
    iBwave Solutions, Inc.

    「iBwave Design Enterprise」は大規模かつ複雑な屋内ワイヤレスネットワークを設計するための非常に強力なソフトウェアであり、多様なワイヤレスネットワークプロジェクトのニーズを満たす生産性に優れたソリューションです。マルチテクノロジ、マルチビルディングをサポートし、高度な3Dモデリング、受信範囲とキャパシティのシミュレーション、自動的な一連の予算算出、エラーチェック、23,000以上のパーツで構成され今後も拡充されるカスタマイズ可能なデータベースなど、iBwave Design Enterpriseは、様々な屋内RFプロジェクトにおける必須のツールとなります。

  • iBwave Mobile NOTE
    1

    iBwave Mobile NOTE
    iBwave Solutions, Inc.

    的確なネットワーク設計は、的確なサイトサーベイの情報から始まります。「iBwaveMobile Note」は、サイトサーベイプロセスを包括的に簡素化する強力かつ直感的なAndroidアプリです。サイトサーベイの情報をすべて1つのツールに集約し、1つのファイルに保存することで、クラウドを通じてチームメンバーやパートナー企業と簡単に共有することができます。従来、サイト情報処理に費やしていた時間を削減しつつ、ワイヤレスネットワーク設計の精度と構築性を確実なものにします。

  • iBwave Unity Enterprise
    1

    iBwave Unity Enterprise
    iBwave Solutions, Inc.

    ワイヤレスネットワークの設計を管理することは、全員がオールを勝手な方向に漕いでいるボートを、前に進めるようなものです。ある担当者は一つの考えを持ち、プロジェクトの作業や目標と一致していません。何事もバラバラで、チームと情報は調和しておらず、それぞれが使っているツールも別々です。
    チームはファイルが更新されたことを把握していないかもしれず、情報が不完全なのかもしれません。ファイルを社内外で共有しようとするのは、ほとんど不可能です。iBwave Unity Enterprise は、プロジェクトの関係者全員が一つのプラットフォームから作業を進めることで、全員が同じ方向に向けるようにします。プロジェクトの情報は最新のものに揃い、常に1か所に集められているため、最新情報の検索に時間を浪費することはありません。
    自動化されたワークフローにより、スケジュールは予定通りに進みます。またレポート機能は、最適な戦略と収益性のために、即時に決定を下せるための正しい見識を与えます。

PAGE TOP