情報通信
IR情報 会社情報

仮想化環境監視

Uila 仮想環境アプリの性能監視

仮想環境のアプリケーション、ネットワーク、りソース(CPU、メモリ、ストレージ等)のパフォーマンスを統合的に可視化するモニタリングシステムです。 仮想環境のVM間に流れるパケットと仮想/物理リソース情報を解析し、仮想環境全体と各VMのパフォーマンスを監視します。ダッシュボード表示からより詳細な分析表示への切り替えで、障害箇所の切り分けやボトルネックの解析がすばやく実施できます。

uila_category_re23.jpg
vSTとvIMより収集したデータを蓄積、解析 アプリケーションや
リソースデータを保存、解析
(SasSで提供またはユーザ環境に実装)  Webユーザ
インターフェイス
アプリケーションやリソースに関するデータ(SSL) VM間の通信データをバーチャルスイッチから全て取得 仮想環境管理システムからVMのリソース情報等を取得 アプリケーション
 パフォーマンスと
  ネットワークに
   関するデータ
 データセンタの
リソースに関するデータ
 VMの設定条件、
動作環境に関するデータ
 仮想環境
統合管理システム
 (例:vCenter)
サーバ群 データセンター

 
カタログ一覧はこちらから
  • Uila 仮想化環境のアプリケーションパフォーマンスモニタリングソリューション
    1

    Uila 仮想化環境のアプリケーションパフォーマンスモニタリングソリューション
    Uila, Inc.

    Uilaはハイブリッドクラウド環境のVMの通信アプリケーションや仮想基盤(CPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク)の性能を串刺しで可視化・分析し、障害一次切り分けや根本原因特定を簡単に行います。

PAGE TOP