Polaris Networks

プロトコル・コンフォーマンス・テスタ「MME Functional Tester」

Polaris Networks社製 MMEプロトコル・コンフォーマンス・テスタは、被試験対象MMEに実装された各種Protocol, Signalingが3GPP規格に準拠しているかを試験するコンフォーマンステスタです。MMEに接続されるPeer deviceとの間のS1-MME, S11, S10、S3などのインターフェースそれぞれに50~100のTest casesが準備されております。Test Scriptは、TclやTTCN-3などを用いて編集する機能も保有しておりますので、正常系のみならず異常系シーケンスを用いての挙動評価もできます。

特長

MMEプロトコル・コンフォーマンス・テスタの構成図
対応プロトコル
3GPP Standards Interface Peer Device
TS 36.413 S1AP S1-MME eNodeB
TS 24.301 NAS S1-MME UE
TS 29.274 GTPv2-C S11 Serving GW
TS 29.274 GTPv2-C S10 MME
TS 29.274 GTPv2-C S3 SGSN
  • 実装されたプロトコルが、3GPPに完全に準拠しているかの機能試験用途
    • 各インターフェース毎に50~150の標準Test caseを提供
    • Callステータス毎にチェック
  • 詳細なプロトコル解析GUI
    • レイヤ毎のプロトコル解析GUI
    • L3 message毎のPass / Fail判定
  • 3GPP / ETSIフォーマットに則ったTest case ディスクリプション
  • Tcl / TTCN-3言語を用いてTest caseの編集、保存、試験実行
MME Functional TesterのGUI

アプリケーション

対応Test case例

S1-MME Test Cases (約150Test cases)

  • S1 Setup, Configuration Update, Reset
  • UE Context Setup, Release
  • E-RAB Management
  • Mobility and Handover
  • Paging
  • Trace Location Reporting
  • Warning Message Transmission

S11 Test Cases (約50 Test cases)

  • Path Management – Echo Request / Response
  • Session Management – Create / Delete
  • Bearer Management – Create / Modify / Delete
  • Trace
  • Downlink Data Notification and Paging
  • Inter RAT Handover – Forwarding Tunnel, Indirect
    Forwarding Tunnel
  • CS Fallback - Suspend / Resume

S10 Test Cases (約50 Test cases)

  • Path Management
    Echo Request / Response
  • UE Identification – Request / Response
  • Tracking / Routeing Area Update
  • Relocation (S1-based Handover)
  • Configuration Transfer Tunnel

S3 Test Cases (約50 Test Cases)

  • Path Management – Echo Request / Response
  • UE Identification – Request / Response
  • Tracking / Routeing Area Update Relocation
    (Inter-RAT handover / Hard handover)
  • Idle State Signaling Reduction – Detach, CS Paging
    Indication
  • RAN Information Relay