情報通信
IR情報 会社情報





ネットワークフロー解析ソリューション「Flowmonプローブ/コレクタ」 

Flowmon Networks
ネットワークフロー解析ソリューション「Flowmonプローブ/コレクタ」
0

キャンペーン中

Garland & Flowmon“100GbE対応” フロー解析連携ソリューション 特別キャンペーン

Flowmonは、ネットワーク運用管理の悩み事を解決する、“ネットワークフロー技術”を活用した革新的なトラフィック監視・分析ソリューションです。
フロー情報の取得、監視と分析で「誰が」「いつ」「どこで」「何をしたか」を把握し、ユーザやアプリケーションの利用状況や振る舞いを完全に可視化します。

特長

パケット解析と同様の視点による解析が、
「通信ログを残しつつ、短時間で実現可能」

トラブルシューティングツール

  • 帯域を占有しているユーザ(端末)を即座に発見
  • パケット解析と同様の解析を短時間で実現可能

通信ログ管理、キャパシティプランニング

  • ネットワーク上で、いつ・誰が・何をしたかを即座に解析
  • トラフィック量の把握はもちろん、ユーザ/アプリ単位などその内訳まで把握可能
  • 回線速度の最適化、現状把握および報告を実現(自動レポート機能)

Flowmonのコンセプト

■パケット解析と同じような視点でのトラフィック調査

    統計分析をするだけではなく、問題発生時にパケット解析と同様な視点での調査を短時間で実現

■すべての生フローをGUI上で簡単に検索&参照

    すべてのフローを保持するだけでなく、ネットワーク上の証跡としてGUI上で検索&参照可能

ネットワークのフロー情報・フロー分析の特長

ネットワーク上を流れるパケットデータ内の情報(属性)に基づいて生成されるのがフロー情報です。送信元/宛先のIPアドレスやポート、プロトコルなど全ての属性が共通のものは、1つのフローとして分類されます(パケット単位で見た場合、共通の属性を持った複数のパケットの集まりとして捉えられます。識別した属性が1つでも異なれば、それは別のフローになります)。

フロー情報にはユーザやデータ量などを把握できる情報が多数含まれており、また通信の実データそのものではないので容量も大幅に少なくなります。その特長を生かして、スピーディな分析と、より詳細なトラフィック状況の把握が行えるのです。

Flowmon情報・分析の特長

ラインナップ

Flowmonプローブ(プローブ:フロー生成機)

  • 既存のネットワーク機器を買い換えることなく機器のミラーポートやTAPに接続するだけで、取り込んだパケットデータからフロー情報を生成
  • 10Mbps~100Mbpsの回線に対応し、あらゆる規模のネットワークに適用可能
  • Flowmonコレクタと同等の分析機能を持つミニコレクタ機能を内蔵しており、プローブ1台でもフロー解析が可能

Flowmonコレクタ(コレクタ:フロー分析機)

  • Flowmonプローブまたは他のネットワーク機器などからのフロー情報を取得し、ネットワーク上のユーザやアプリケーションの利用状況をGUIで可視化、分析可能
  • 監視カメラのようにトラフィックの詳細を継続的に監視し、通信証跡を管理することでコンプライアンス対策、セキュリティ対策に活用可能
  • 取得したフロー情報の長期保存、蓄積が可能なRAID構成のストレージを内蔵

導入イメージ図

Flowmon構成例

運用画面イメージ

Flowmonコレクタ

ダッシュボード画面

Flowmonダッシュボード
  • ユーザ(IPアドレスなど)、アプリケーション、トラフィック量、データ量などをグラフで可視化し、ランキング形式で表示
  • 管理者向けの一覧画面のほか、拠点や部門ごとの表示項目を設定、切り替えることが可能

解析画面

Flowmon解析画面
  • トラフィック/パケット/フローの各項目と、利用プロトコル、IPアドレスなどを任意に組み合わせて可視化
  • 解析対象とする機関の設定も容易
  • よく使う組み合わせはプロファイルとして登録可能

レポート

Flowmonレポート
  • トラフィック全体の状況をはじめ、項目ごとにグラフとランキングをまとめたレポートを作成
  • 日次/週次/月次でレポートを自動作成して、メール配信や外部ストレージへの保存が可能

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。