KnowBe4

その他の機能に関するFAQ

QKB4| Visingとは何ですか?

A

Visingとは音声フィッシング機能です。ユーザーが電話から機密情報を入力する傾向があるかどうかをテストできます。

回答を閉じる

QKB4| RiskScoreとは何ですか?

A

フィッシング攻撃やソーシャルエンジニアリング攻撃の標的となる可能性や、これらへの反応など、いくつかの要素によってKnowBe4独自で計算されます。 その要素はPhish-prone Percentage(ユーザーがフィッシング攻撃の犠牲になる可能性)、Security Awareness Training Status(トレーニングのタイプと費やした時間)、Breach Data(違反データ)、Job Function(職務権限)、Risk Booster(手動でリスク調整)です。
RiskScoreとはユーザー、グループ、組織全体の単位でリスクスコアを記録します。

回答を閉じる

QKB4| Phish Alert ボタンとは何ですか?

A

Phish Alert ボタンは、エンドユーザーがメール内のこのボタンを押すことにより、不審なメールを報告できます。Microsoft Outlook、Exchange、Office 365、Google Apps / GsuiteにPhish Alert ボタンをアドインします。Phish Alert ボタンを使用すると、フィッシングやその他の種類の悪意のある電子メールの問題を管理する際に、従業員が積極的な役割を果たすことができます。これにより、フィッシング攻撃や悪意のある電子メールの可能性を早期に警告し、セキュリティやネットワークの侵害を防ぐための効果的な措置を講じることができます。

回答を閉じる

QKB4| ActiveDirectoryと連携できますか?

A

ユーザ登録する際にActiveDirectoryと同期させることが可能です。
AccoutSettings>Active Directory Integration>Active Directory Integration Enabledを有効にすることにより、Users>ActiveDirectoryタブが表示されます。
また、テストの場合は、Test Modeを有効にしてください。

回答を閉じる

QKB4| ADISync除外しているユーザをCSVでインポートすることは可能でしょうか。

A

CSVファイルを下記の内容に編集します。

  • Emailの項目だけを残して他の列を削除
  • AD ManagedをTrueにしたいユーザーだけを残して他を削除、もしくは AD ManagedをFalseにしたいユーザーだけを残して他を削除
  • AD Managedの列を追加し、TrueまたはFalseを記述

とした上でそのCSVをインポートすれば、該当するユーザーの設定が(AD Managed のみ)上書きされます。

回答を閉じる

QKB4| サブドメインを追加できますか?

A

サブドメインを追加するにはActiveDirectory側にAccoutSetttingsにある証明を入れて頂く必要があります。

回答を閉じる