SYNESIS

アドバンスド機能に関するFAQ

QSSS| パケットリプレイヤーでpcapファイルのトラフィックを正しく再現できません。

A
パケットリプレイヤーには次の制限があります。
■制限1
複数ポートから再生する場合はフルレートの性能が出せません。1ポートからの再生時のみフルレートでの再生が可能です。

■制限2
9000byteを超えるパケットは後端が切り捨てられ、9000byteのパケットとして送信されます。

■制限3
64byte未満のパケットは以下のように送信されます。

本記述はブラウザ上で制御する統合版パケットリプレイヤーに関してのものです。
コマンドラインで操作するパケットリプレイヤーに関しては、弊社サポート窓口までお問い合わせください。
 

回答を閉じる

QSSS| パケットリプレイヤーはポート毎に再生するトレースファイルを選択できますか?

A

可能です。

ただし、キャプチャレコードを再生する場合は、全ポート同じデータが再生されます。

回答を閉じる

QSSS| RESTAPIにて新規フィルタを作成するとき、制限事項はありますか?

A

あります。
マニュアルの記載通りの設定(フローフィルタかつTCP固定)しかできません。

恐れ入りますが、マニュアルに記載のないものは変更できません。

回答を閉じる

QSSS| パターンフィルタの設定例を教えてください。

A

パターンフィルタの設定例は「パターンフィルタ.pdf」をご参照ください。

パターンフィルタ.pdfをダウンロード

回答を閉じる

QSSS| RESTAPIにてトレースファイルの保存を行うとき、保存するファイルサイズやファイル形式の変更はできますか?

A

できません。

恐れ入りますが、マニュアルに記載のないものは変更できません。

回答を閉じる

QSSS| RESTAPIにてログアウトの実行方法を教えてください。

A

ログアウトのAPIは用意されておりません。
Tomcatを再起動するか、30分間Synesisにアクセスしないことでログアウトが可能です。

・Tomcatの再起動方法

  1. ブラウザより "http://[Synesis管理ポートのIPアドレス]:3000" にアクセスします。
  2. "Service" の "Tomcat" の "Restart" をクリックします。

※Tomcatの再起動はキャプチャやその他サービスに影響を与えません。

回答を閉じる

QSSS| SYNESISのMFAとはどのような機能ですか?

A

バージョン4.0から搭載されたSYNESISの新機能です。

MFA(Multi Flow Analysis)は、キャプチャデータのフローをラダー形式に表示する機能です。視覚的に通信を見ることで、通信内容の把握や問題の特定を助けます。

回答を閉じる

QSSS| パケットリプレイヤー機能で再生できるPCAPファイルについて教えてください。

A

再生できるPCAPファイルは以下の通りです。

パケットリプレイヤーv2.0の場合
1ファイルの上限サイズ:256MB
連続して設定できるファイルの数:10個
PCAPフォーマット:pcap 形式、pcap (ナノ秒) 形式

パケットリプレイヤーv2.5以降の場合
1ファイルの上限サイズ:4GB
連続して設定できるファイルの数:20個
PCAPフォーマット:pcap 形式、pcap (ナノ秒) 形式

パケットリプレイヤーv3.5以降の場合
上記に加えて、キャプチャレコードのリプレイも可能です。詳細は取扱説明書をご参照ください。

関連ページ:
100G パケットキャプチャ SYNESIS(シネシス) 日本製 東陽テクニカ

回答を閉じる

QSSS| PCAPの元データのタイムスタンプ通りに再生することはできますか?

A

できます。ワイヤーレートで送信することも可能です。

回答を閉じる