Spirent TestCenter

アプリケーション全般に関するFAQ

QNCS| app-0001] TestCenter Applicationのバージョンを確認する方法を教えて下さい。

A

下記の方法でご確認いただけます。

  • TestCenter Applicationを起動させ、直後に表示されるスプラッシュ画面上の表示を確認
  • TestCenter Application上で[Help]->[About] を選択して確認
キーワード:
バージョン, ファームウェア, GUI, Application

回答を閉じる

QNCS| [app-0002] TestCenter Applicationを紛失しましたが再発行は可能でしょうか?または他のPCにもインストールしたいのですが、可能ですか?

A

可能です。

下記の方法にてシャーシと同じバージョンのApplicationインストーラ入手してください。

  • シャーシにブラウザからアクセス(一部のバージョンやSPT-C1、C50を除く)
  • 付属品のDVD
  • 弊社TestCenterサポートまでご連絡ください。
  • 東陽テクニカ TestCenterサポートに問合せ(問合せ先は【etc-0001】参照)
キーワード:
GUI, Application

回答を閉じる

QNCS| [app-0003] TestCenter のライセンスファイルを紛失しました。再発行は可能でしょうか。

A

可能です。

弊社にてバックアップを保存しておりますので、当該シャーシのシリアル番号をTestCenterサポートまでお知らせください。
(問合せ先は【etc-0001】、シリアル番号の確認は【hw-0001】参照)

キーワード:
ライセンス

回答を閉じる

QNCS| [app-0004] TestCenter の操作ガイドを紛失しました。再発行は可能でしょうか。

A

可能です。

弊社TestCenterサポートまでご連絡ください。
(問合せ先は【etc-0001】、シリアル番号の確認は【hw-0001】参照)

キーワード:
操作ガイド

回答を閉じる

QNCS| [app-0005] TestCenter を複数のユーザが同時に利用することは可能ですか?

A

シャーシにアクセスし情報確認(Equipment Informationなど) は、複数のユーザで実行可能です。

ポートのリザーブは、ポートグループ単位です。
ポートをリザーブすると、同一ポートグループに属するポートはすべて他のユーザからリザーブできなくなります。
ポートグループは、【Tools】->【Equipment Information】->【Port Group】タブで確認できます。

キーワード:
リザーブ, SPT-C1, モジュール, ポート, ポートグループ

回答を閉じる

QNCS| [app-0007] TestCenter のモジュールをリザーブし、リリースしたあと、GUIの表示が"Unavailable"となって数分間使えませんでした。不具合ですか?

A

正常な動作です。

(【hw-0013】参照)

リリースされたポートでは再起動処理が実行され、再起動中は"Unavailable"と表示されます。
ポート再起動は数分以内に完了します。

キーワード:
ポート, リザーブ, 再起動, リリース

回答を閉じる

QNCS| [app-0008] TestCenter のモジュールをリザーブし、リリースしたあと、モジュールの"STATUS"と表示されたLEDが、オレンジ色点滅となって数分間使えませんでした。不具合ですか?

A

正常な動作です。

(【hw-0013】参照)

リリースされたポートでは再起動処理が実行され、再起動中は使用できません。
再起動中は、モジュール前面の"Status"のLEDがオレンジ色点滅します。
ポートの再起動は数分で以内に完了します。

キーワード:
ポート, リザーブ, 再起動, リリース, STATUS LED

回答を閉じる

QNCS| [app-0009] 画面左に表示されるポートの順番を変えられますか?

A

可能です。

ポート上での右クリックメニューから【Reorder Ports】を設定することで順序入替が可能です。

キーワード:
ポート

回答を閉じる

QNCS| [app-0010] 一部の設定ウィンドウが消えてしまいました。元に戻せますか?

A

戻せます。

メニューバーの【View】->【Reset Screen Rayout】でウインドウ位置をリセットすることが可能です。
なお、タブで最小化されているウインドウはタブを開いて右上のピンをクリックすることで固定表示できます。

キーワード:
レイアウト

回答を閉じる

QNCS| [app-0011] 使用していないポートがリザーブされたままになっていますが、使用できますか?

A

強制的にリリースさせる事が可能です。
リザーブ画面にて使用したいポートを右クリックして【Force User Off】を選べば、強制リリースされます。

キーワード:
ポート, リザーブ, リリース

回答を閉じる

QNCS| [app-0012] lost connectionエラーが発生しました。メッセージ [Spirent TestCenter has lost connection to the equipment. Please check the network condition and reconnect.]

A

ApplicationとTestCenterシャーシの通信は常に接続を維持する必要があります。
ネットワーク接続が途絶えた時にこのエラーメッセージが表示されます。 この場合、試験途中の結果は取得できませんのでご留意ください。

通信途絶を回避するため、制御PCとTestCenterシャーシはネットワーク的に近いところに置くことを推奨いたします。
(例えば、無線LANやルータを介する接続は避ける)

キーワード:
エラー, 接続, マネジメントポート

回答を閉じる

QNCS| [app-0013] 保存した結果 (dbファイル) からTestCenter設定を再現できますか?

A

可能です。

【File】->【Open】でファイルタイプで "*.db" を選べば、dbファイルからTestCenter設定を再現できます。

キーワード:
dbファイル, 設定

回答を閉じる

QNCS| [app-0014] FX2-10G-Qxがポート1個ずつリザーブできません。

A

バージョン4.44以降:TestCenterではポート1個ずつリザーブできます。
バージョン4.44以前:ポート4個ずつリザーブする仕様です。
バージョン4.44以前をご使用のお客様で、ポート1個ずつのリザーブをご希望される場合は、バージョンアップをお奨めします。

最新版ソフトウェアおよびファームウェアをご希望の方は【app-0015】参照してください。

キーワード:
FX2-40G-Q*, FX2-10G-Q*, ポート, リザーブ, ポートグループ

回答を閉じる

QNCS| [app-0015] TestCenterの最新版の入手方法を教えてください。

A

国内リリースの最新版ソフトウェアおよびファームウェアは、会員サイトよりダウンロードできます。

【会員サイト:https://www.toyo.co.jp/login/

*最新版を入手するには、お手持ちのソフトウェア保守ライセンスが、最新版のリリース時点で有効である必要があります。
保守ライセンスの詳細はTestCenterサポートにお問い合わせください。
(問合せ先は【etc-0001】参照)

キーワード:
Application, ファームウェア, バージョン

回答を閉じる

QNCS| [app-0016] ログ取得方法を教えて下さい。

A

ログは下記の方法で取得できます。

  • 対象の現象が発生してからApplicationを起動したままにしてる場合は:
    [Diagnostics] ->[Generate Diagnostic Report]フォルダ ->ポップアップメッセージに表記されているフォルダ
  • 事象発生後一度Applicationを落としてしまった場合:
    Logsフォルダには、Application起動時刻ごとにフォルダが作成されログが自動生成されています。
    [マイドキュメント] ->[ Spirent] ->[TestCenter [バージョン番号]] ->[Logs]フォルダ を開いてください。

弊社に解析をご依頼される場合、該当フォルダを圧縮して、ご提供ください。
(問合せ先は【etc-0001】 参照)

キーワード:
ログ

回答を閉じる

QNCS| [app-0017] 設定ファイルを開いても、前回作成したチャートが表示されません。なぜですか。

A

設定ファイルを開くと表示される[Select a Persective]画面にて"Use Configuration File Perspective" を選択してください。
もう一方を選ぶと、チャートなどのResult Viewの情報が保持されません。

キーワード:
設定, チャート

回答を閉じる

QNCS| [app-0018] 異なるバージョンで保存した設定ファイルを開けますか?

A

古いバージョンで保存した設定ファイルを、新しいバージョンで開くことは可能です。
新しいバージョンで保存した設定ファイルを、古いバージョンで開くことはできません。

キーワード:
設定, バージョン

回答を閉じる

QNCS| [app-0020] 設定ファイルの読み込めずエラーが発生します。 どのようなことが考えられますか?

A

シャーシとTestCenter Applicationのバージョンを確認ください。

バージョンの不一致の場合:
読み込みを実行したApplicationのバージョンが設定ファイルを作成したバージョンよりも古くないかご確認ください。使用するApplicationのバージョンは設定ファイル作成時と同じものか、より新しいものをお使いください。

バージョンが原因でなかった場合:
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Spirent_Communications 配下に不要なデータが溜まっているか確認して下さい。このフォルダの配下を削除して、再度ファイルを読み込んでください。

キーワード:
tcc

回答を閉じる

QNCS| [app-0021] 送受信フレームのレイテンシ (遅延、latency) 測定について、タイムスタンプの時刻参照位置をフレームの先頭や末尾に変更できますか?

A

可能です。
"Start Of Frame" (先頭) か "End Of Frame" (末尾) を選択できます。

時刻参照する項目は下記になります。

  • 送信側のタイムスタンプの時刻参照位置変更:
    [All Traffic Generrator]->[ Timestamp Latchmode]
    または
    送信ポート->[Traffic Generator]->Schdeule Mode 内の[Advanced]ボタン で
    "Start Of Frame" (先頭) か "End Of Frame" (末尾) を選択できます。

  • 受信側のタイムスタンプの時刻参照位置変更:
    同様に [All Traffic Analyzer]->[Timestamp Reference Location]
    または
    受信ポート->[Traffic Analyzer]->Schdeule Mode 内の[Advanced]ボタン で
    "Start Of Frame" (先頭) か "End Of Frame" (末尾) を選択できます。

*レイテンシ測定のためには[Stream Block Editor]->[General]タブの "Include Signature Field" をチェックしている必要があります。(デフォルトではチェックされています)

キーワード:
遅延, レイテンシ, タイムスタンプ

回答を閉じる

QNCS| [app-0022] STCのアプリケーションをインストールできません。どのような可能性がありますか?

A

アンチウィルスソフトの影響でインストールできない場合があります。
アンチウイルスソフトの機能を一時的にオフにしてインストールをお試しください。

詳細はTestCenterサポートにお問い合わせください。
(問合せ先は【etc-0001】 参照)

キーワード:
Application, ファームウェア, バージョン

回答を閉じる

QNCS| [app-0023]GUIにて実施するキャプチャの結果を保存するとUTC時刻が2058年等大幅にずれた時刻になりました。時刻を修正する方法はありますか?

A

時刻同期するには、下記の2点を確認して下さい。

  1. PC (OS) の年月日設定が正しい日時になっているか
  2. シャーシにSSHにログインし、
    >date
    シャーシ時刻 (UTC) をご確認ください。
    もしdateで表示される年月日に大きなずれがあれば、
    > date [MMDDhhmmCCYY]
    > activate
    形式でUTC時刻を入力および有効化する。
    *日本の時刻から9時間を引けばUTC時刻となります。
    例) date 060103332018

各時刻調整後に一度Applicationを再起動しCaptureを行ってください。

キーワード:
時刻同期, NTP

回答を閉じる

QNCS| [app-0024]Stream Blockを作成した際に、ペイロードに任意の値もしくはランダム値を入れることは可能でしょうか。

A

可能です。

Stream Block Editor画面内の[General]タブ>Packet項目>[Packet fill constant(Hex)]に任意の値を入れていただくか、[Payload fill type]から[PRBS]を選択
もしくは
[Frame]タブ>[Add Header(s)]>[Custom]でヘッダを追加して編集

*疑似ランダム信号(PRBS : Pseudo Random Bit Sequence)

キーワード:
ペイロード, 編集

回答を閉じる

QNCS| [app-0025]無線LAN対応のSTCを使用しています。試験実行した結果画面(IEEE 802.11 Client Results)に表示できるデバイス数が50行までしか表示されませんが、増やすことは可能でしょうか。

A

可能です。

下記の手順を行ってください。

  1. [Wireless LAN]→[IEEE 802.11 Client Results]画面を表示
  2. 画面上の[Results Vew]より[Manage Views]→[Customize View]をクリック
  3. [Limit]タブからActive Limitを変更

*上限を増やした場合は制御PCのリソースをより多く消費しますのでご注意ください。

キーワード:
無線LAN

回答を閉じる

QNCS| [app-0026]C1でTestCenterを使用していますが、ファームウェアをAvalancheに切替えるにはどのような手順で切替えれば良いでしょうか。

A

TestCenterからAvalancheに切替えるには、以下の操作を行います。

  1. [Chassis]>[Port Reservation]にてシャーシのIPアドレスの左の[+]をクリックし、‘Connected’にする。(Portのリザーブは不要)
  2. [Tools]>[Firmware Management]>[Active Test Module Profile]を選択
  3. [Select]から対象のC1を選択し、[New Profile]から適切なプロファイル Default(STC)もしくはAvalanch(L4-L7))を選択
  4. [Active]ボタンを押すと、15分~45分でプロファイルが切り替わります。
キーワード:
C1, Avalanche

回答を閉じる

QNCS| [app-0027]C1でAvalancheを使用していますが、ファームウェアをTestCenterに切替えるにはどのような手順で切替えれば良いでしょうか。

A

AvalancheからTestCenterに以下の操作を行います。

  1. [Administration]>[Spirent TestCenter Chassis,C1・・]を選択
  2. IPアドレス上で右クリックし、[Get Profiles]を選択
  3. [Profile Name]から目的のSTCモジュールを選択
  4. [Apply]ボタンを押すと、15~45分でプロファイルが切り替わります。

キーワード:
C1, TestCenter

回答を閉じる