Avalanche

アドバンスに関するFAQ

QCAW| コネクションの継続時間を延長する方法はありますか?

A

はい。
Client-Action設定で、THINK機能を使用して、任意の値でウェイトをおくことができます。

例、HTTP GETリクエスト後に1秒待ってからコネクションをクローズ
1 get http://192.168.1.1/index.html
think<1000>

回答を閉じる

QCAW| 上りと下りの両方でスループットを出して試験できますか?

A

はい。
HTTPのPOSTリクエストを実行し、上りと下りのHTTPのデータを任意に設定できます。
Client-Action設定で、POSTリクエストを設定します。この時上りのHTTPデータをバイト単位で設定できます。
例、100byteのデータをアップロードする場合
1 POST http://www.somewebsite.com
<POST_BODY: URLENC KEY=foobar, LENGTH=100>

別途オプションライセンスが必要です。

回答を閉じる

QCAW| BASIC認証試験ができますか?

A

はい。
Avalancheでクライアントとサーバを擬似して実行できますが、認証に成功しても、擬似サーバからOK(200)を返すことができないので、試験としては失敗としてカウントされます。

Client-Profileの[HTTP:User]でAuthentication Typeを設定します。
Server-Profileでサーバの戻りステータス(401)と、認証が必要であることを示すHTTPヘッダを設定します。

回答を閉じる

QCAW| POSTリクエストを実行するたびにユーザ名とパスワードを変更できますか?

A

はい。
Application Testing機能があります。
ユーザ名とパスワードを変数に置き換えてアクションに記述します。
変数で使用するユーザ名とパスワードは、FormDB機能を使用して、リストを設定します。
リストは、ファイルを読み込んで設定することもできます。
別途オプションライセンスが必要です。

回答を閉じる

QCAW| TCPの再送回数や再送タイムアウト時間を変更できますか?

FAQ ID:D5

A

はい。
試験環境下でのパケットロスや遅延による再送処理を変更できます。
Networkタブで設定します。

回答を閉じる

QCAW| サーバからFINでクローズできない

FAQ ID:D6

A

Server-Profileにてコネクションクローズ方式を選択できます。
Protocol LevelをHTTP1.0に選択すれば、サーバからコネクションをクローズします。

デフォルトは、HTTPの持続的接続機能がONとなっており、クライアントからの複数のリクエストを同じTCPのコネクション内で処理できる設定です
そのため、コネクションをクローズする際は、クライアントからRSTでクローズする方式となっています。

回答を閉じる

QCAW| FTPで60Mbps以上スループットが上がらない

FAQ ID:D7

A

Server-Profileで変更できます。
1リクエストでServerからダウンロードするデータサイズは、ServerのBurst Size、 もしくはBurst Intervalを変更します。
最大転送量は、以下の式より計算できます。
最大転送量[bps] =[Burst Size][byte] x 8[byte->bit] x 1000/[Burst Interval][回数/sec]

回答を閉じる

QCAW| サーバの戻り値を変更できますか?

FAQ ID:D8

A

できます。
データサイズをbyte単位で任意に変更できます。
また、好きなデータファイルを戻り値として指定することもできます。
Serverタブ > Transactions設定で変更できます。

回答を閉じる

QCAW| 複数のプロトコルを混ぜて試験できますか?

FAQ ID:D9

A

はい。
[Client]タブ > [Action]タブで変更できます。

回答を閉じる

QCAW| プロトコル別に負荷量を変えることはできますか?

FAQ ID:D10

A

はい。
[Client]タブ > [Action]タブで変更できます。

回答を閉じる

QCAW| 異なるネットワークアドレス間で疑似試験できますか?

FAQ ID:D11

A

はい。
また、仮想ルータ機能(VR)があります。
Client-Portsで設定できます。

回答を閉じる