Avalanche

トラブルシューティングに関するFAQ

QCAW| 筐体が起動しない

FAQ ID:C1

A

以下のステップでハードウェアリセットを試してください。

ステップ①
筐体を一度シャットダウンし、電源ケーブルを抜き30秒ほど待ってください。
その後、電源ケーブルを再度挿し、電源の再投入をお願いします。

ステップ②
①の手順で問題が解決しない場合、①の電源投入をする際、筐体にモニタとキーボードを装着し、コンソールログインが可能かどうかをご確認願います。
ログイン後IPアドレスの確認をお願いします。(helpでコマンドが表示されます。)
ログインできたら、SSHでリモートログインできるかご確認願います。

ステップ②の手順でもログインできない場合は弊社へご連絡願います。

回答を閉じる

QCAW| Avalanche Commanderが起動しない

FAQ ID:C2

A

以下のステップでソフトウェアリセットを試してください。

ステップ①
Avalanche Commanderを終了した状態にて、
Windowsのタスクマネージャ > プロセスタブを表示していただき、
"java.exe"および"javaw.exe"がありましたら、
プロセスを終了し、再度Avalanche Commanderの起動をお試しください。

ステップ②
ステップ①で解決しない場合、Avalanche Commanderを終了した状態にて
以下のフォルダに".sessionmanager.restore.data"というファイルがございましたら、
削除後に、再度Avalanche Commanderの起動をお試しください。

  ●フォルダ名
C:\ProgramData\Spirent\Avalanche (version)

ステップ③
ステップ①、②で解決しない場合、一度PC及びAvalanche筐体を再起動していただき
以下のフォルダにファイルが残っておりましたら、削除していただけますようお願いいたします。

  ●フォルダ名
  C:\ProgramData\Spirent\Avalanche (version)\running\[PCユーザ名]

また、C:\ProgramData\Spirent\Avalanche (version)\logsフォルダ内の
". properties "以外のファイルを全て削除していただき動作ご確認ください。

回答を閉じる

QCAW| 試験が開始しない・パケットがカウントされない

FAQ ID:C3

A

以下のステップでトラブルシューティングを試してください。

ステップ①
試験ポート、ネットワークケーブル、ハードウェアの接続をご確認願います。
Avalanche Commanderで"Trial Run"を実行し、クライアント・サーバテストポートでパケットが送受信されているかを確認してください。
※L2SWのスパニングツリーのパケット転送待機により、パケットが疎通しない場合はスパニングツリーをOFFにするか、「C12試験開始時にAttemptがカウントされない・パケットが疎通しない」を参照ください。

ステップ②
①の手順で問題が解決しない場合、一度、テストケーブルの接続を、筐体のテストポートでの折り返し接続で動作確認をしてください。
この状態でパケットの送受信が確認できない場合は、使用するポートの間違えが考えられます。

回答を閉じる

QCAW| 試験が途中で終了する

FAQ ID:C4

A

制御PCのスリープモードをOFFに願います。
windows の自動updateなどもOFF願います。

回答を閉じる

QCAW| 4時間くらいでTCPセッション失敗数が急激に増加し、試験に失敗する

FAQ ID:C5

A

中継機器(ciscoのスイッチ等)であれば、スイッチのARP エントリ(キャッシュ)が、デフォルトで 4 時間おきにリフレッシュされます。そのため、パケットの送り先が分からなくなり、3Wayハンドシェイクに失敗しているのかもしれません。
中継機器のARPキャッシュクリアの時間を、試験時間より長く変更願います。

回答を閉じる

QCAW| 試験ポートがリリースされず、使用できない。

FAQ ID:C6

A

筐体を一度Rebootしてください。すべてのポートがリリースされます。

筐体のRebootをせずに、他のユーザがリザーブしたポートをリリースできます。
[Tools]メニュー > [Preferences]メニューで"Force Release"、"Force Reservation"のチェックを有効にすれば、ポートのリザーブ/リリース画面で対象ポートを強制的にリリースできます。

※C100-S3モデルにつきましては、機能が未実装の状態となります。
※C100モデルにつきましては、バージョンにより当該機能が動作しない不具合が確認されております。

回答を閉じる

QCAW| テストポートが赤く/グレイアウトなったままで、ポートをリザーブできない

FAQ ID:C7

A

制御PCと筐体の接続が確立されているかご確認願います。

筐体への接続を一度[Reflesh](更新)ボタンを押してから、再度実行願います。

[Administration]メニュー > [Appliance]メニューをクリックし、"User Administration"をクリック。
制御PCとApplianceへの接続が確立すると、接続先(筐体アイコン)が緑色に変わります。

また、C6も参照願います。

回答を閉じる

QCAW| 試験を長時間継続するときに注意することはありますか?

FAQ ID:C8

A

サンプリングインターバル(データ収集間隔)を60[sec]以上に設定願います。 [Run]タブ > [Configure]タブ "Statistics Sampling Interval"

メーカ推奨値は以下のとおりです。

  • 1日試験を実行:  60~120[sec]
  • 1週間試験を実行: 180~300[sec]

データ収集間隔を長めに設定することで、データを保持するメモリを節約し、長時間のデータを記録できます。

その他の注意点として、C4,C5を参照願います。

◆その他の注意点として、下記参考情報をご確認ください、

回答を閉じる

QCAW| カタログに記載しているパフォーマンスがジェネレートできない(back-to-back)

FAQ ID:C11

A

予めパフォーマンス試験用に用意されている条件設定があります。
[Tools]-[Generate Perfoamance Test...]メニューをクリック願います。
スループット、cps、同時オープンのパフォーマンス試験のプロジェクトファイルを作成します。
設定は筐体のリソースなど考慮する必要があります。

回答を閉じる

QCAW| 試験開始時にAttemptがカウントされない

FAQ ID:C12

A

Trial Runを実行します。(チェックつきの矢印ボタン)
Event Logにエラーが記録されてないか確認します。Run-Monitor)
pcapファイルでARPの要求/応答が実行されていることを確認します。(Results)
失敗している場合は、ハードウェア(接続、ケーブルなど)や、試験環境内の機器のIPアドレスが重複していないかなどを確認する。

回答を閉じる

QCAW| C1でポートのリザーブができない・C1で試験が実行できない

FAQ ID:C13

A

firmwareバージョンや、モジュールタイプ、ライセンスを確認します。

  • Avalanche CommanderとC1のfirmware バージョンが同じであること。
    ([Administration]から[Spirent TestCenter Chassis…])
  • C1のモジュールがAvalancheモード(l4l7Vm)になっていること。
    ([Administration]から[Spirent TestCenter Chassis…])
  • C1の本体にライセンスがインストールされていること。
    ([Tools] から[Licensing Management]) *Spirent TestCenter。

*C1は、内部のモジュールを切り替えることで、Avalancheの試験(L4-L7)、Spirent Test Center(L2-L7)の試験が行えます。別途手順書を参照ください。

回答を閉じる

QCAW| パケットが疎通しない・Unsuccessfulがカウンタされる

FAQ ID:C14

A

以下のステップでトラブルシューティングを試してください。

ステップ①
試験ポート、ネットワークケーブル、ハードウェアの接続をご確認願います。
Avalanche Commanderで"Trial Run"を実行し、クライアント・サーバテストポートでパケットが送受信されているかを確認してください。

Avalancheのテストポートの仕様として、テスト開始後とにテストポートの物理リンクダウンが発生します。

クライアントテストポートのパケットトレースの状態より以下の可能性があります。
【状態】 GARPのみが見れる。ARP Replyや(TCP,UDP)/IPパケットが送信されていない。

  • ポートリンクアップがしていない。
  • 使用するポートが間違っている。
  • L2SW/L3SWなどがパケットを転送していない。
  • スパニングツリーが動作している。

【状態】ARP解決後、(TCP,UDP)/IPパケットを送信のみで、受信していない。
※SYNパケットを送信後、SYN/ACKパケットを受信していないなど。

  • ヘルスチェックのポーリング間隔により、サーバがダウン状態となっている。
  • 中継機器のルートによりIPリーチャビリティに問題がある。

ステップ②
①の手順で問題が解決しない場合、一度、テストケーブルの接続を、筐体のテストポートでの折り返し接続で動作確認をしてください。
この状態でパケットの送受信が確認できない場合は、使用するポートの間違えが考えられます。

●テストポートのリンクダウン・アップ後にタイマーを設定する手順は以下です。
 [Run]タブ > [Configure]タブ  Optionフィールドにある "Configure Test Start Delay"に5~15秒ほどを目安にしてください。

回答を閉じる