Orolia (旧Spectracom) SecureSync

製品本体仕様

ID.

Q. SCM| タイムスケールをJSTで利用する方法を教えてください。

A.


Local Clockを設定することで、JST(UTC:+9:00)の時刻を表示させることが可能です。

以下に、SecureSyncタイムサーバのJST設定手順を記載します。

【設定手順】

  1. [MANAGEMENT] > [OTHER: Time Management]へ移動します
  2. Local clocks画面の右上にある[+]ボタンをクリックします
  3. Local clockのポップアップ画面が表示されるので、次の項目を入力します

    Local Clock Name [任意の名前]
    UTC offset [JSTの場合はUTC+9:00を設定]
    Use DST Rules [日本はサマータイム未導入のためチェックなし]

*)Local Clockを設定した場合も、NTPサーバが配信する時刻情報はUTCです。NTPの配信情報に影響はありません。

<< 製品本体仕様に関するFAQ一覧へ戻る