放射・伝導エミッション計測評価ソフトウェア 「EPX/RE」&「EPX/CE」

NEW

2つの特許技術を用いた最新EMI計測評価ソフトウェア!

ギャップレス測定でノイズ見逃しを無くす

「EPX/RE」および「EPX/CE」は、キーサイト・テクノロジー社の最新 EMI レシーバー「N9048B PXE」のオプションであるAccelerated Time Domain Scan機能(A-TDS)を、自動測定シーケンスに組み込むことで、ノイズの取りこぼしが無く信頼性の高い放射・伝導エミッション自動測定を可能にした、全く新しいコンセプトの世界初のソフトウェアです。
また、測定したノイズデータは周波数的な振舞いだけでなく時系列の振舞いも解析可能で、ノイズの出現間隔・頻度が可視化できるため、ノイズ源の特定ならびに対策にも非常に効果的です。

 

特長

製品開発ライフサイクル全体の時間短縮に貢献

FFT帯域幅内をギャップレスで測定することでノイズを見逃さずに測定。手戻り再試験を無くします。
熟練EMCエンジニアでなければ見つけれられないような複雑なノイズも捉えます。さらにはノイズの出現間隔・頻度も可視化でき、ノイズ源の特定に効果を発揮。ノイズ対策作業を効率化します。

キーサイト社製最新EMIレシーバー「N9048B PXE」との組み合わせ

「N9048B PXE」のオプションであるAccelerated Time Domain Scan機能をフル活用することで数々の先進的な機能を実現しています。「EPX/RE」や「EPX/CE」の能力を最大限引き出すためには「N9048B PXE」との組み合わせによる運用を推奨します。

100%自社開発のソフトウェア

経験豊富なEMCソフトウェアのエンジニアリングチームを抱え、設計も開発すべて自社で行っています。35年以上にもわたるEMCソフトウェアの開発ノウハウ・実績は国内屈指です。

2つの特許技術

「EPXシリーズ」には当社が開発した二つの特許技術をベースとした『不要インパルス除去機能』と『規格適合性評価機能』が実装されています。
『不要インパルス除去機能』は特許技術“スペクトラム分析方法及びその装置”を用いた機能で、静電気やクリックのような測定対象外のノイズ によって本来のターゲットである電磁ノイズが隠れてしまうことを防ぎます。『規格適合性評価機能』には特許技術“放射妨害波測定方法及び 放射妨害波測定システム”が使われており、国際規格への適合試験を誰でも簡単に実施することができます。

 

システム構成

動作要件

プロセッサー 1.5GHz以上 (Core i7推奨)
メモリ 8GB以上 (16GB推奨)
ディスク 500GB以上のSSD
ローカルに試験データを長期保存する運用の場合にはセカンドディスクとして2TB以上のHDDを搭載することを推奨
ディスプレイ 1280 x 1024以上の解像度
OS Windows 10 (64bit) 日本語または英語
機器制御ドライバ National Instruments社製VISAドライバ
その他 Excel、Wordレポート機能を使用する場合は下記いずれかがインストールされていること
Microsoft Office 2019 / 2016 / 365

機能

EPXで取り入れた新技術

  • Accelerated Time Domain Scanを組み込んだ二種類の高信頼自動測定シーケンス
    • FFT帯域幅内のギャップレス測定を活かしたリアルタイムスキャン測定シーケンス
    • 測定時間の短縮をはかりつつノイズ見逃しを低減する周波数スキャン測定シーケンス
  • QP検波を用いたプリスキャン
  • ノイズの振る舞いを解析し、ノイズごとに最適なモニタ時間を自動算出
  • CISPR 16-1-1に適合するよう適切なFFT帯域幅を自動で選択
  • インパルスノイズにより埋もれたPK測定結果を復元するフィルター機能

他にも当社既存EMIソフトウェアが持つ様々な機能を搭載