DiGOS Potsdam GmbH

衛星レーザー測距システム(SLRシステム)

Innovation Prize Berlin Brandenburg 2019受賞!

衛星レーザー測距(SLR)システムはレトロリフレクタを搭載した衛星の観測をするシステムで、世界中の観測所で使用されています。現代のSLRシステムは最高数ミリメートルの精度で宇宙のターゲットまでの距離を測ることができます。DiGOS社はヨーロッパでも採用実績のある最新のターンキーSLRシステムを提供しています。

【Innovation Prize Berlin Brandenburgとは】
ドイツ・ブランデンブルク州およびベルリン市(Brandenburg Ministry of Economics, Labour and Energy and the Berlin Senate Department for Economics, Energy and Enterprises)が「今日の技術革新が将来の仕事を創出する」という考えの元、将来性や市場性の高い開発に対して1984年から授与している賞です。DiGOS社の提供する最新のターンキー衛星レーザ測距(SLR)システムがヨーロッパ宇宙機関(ESA)で採用されるなど、ここ数年の実績が認められ、Innovation Prize Berlin Brandenburg 2019を受賞しました。

特長

  • ターンキーシステム
  • 洗練され、使い勝手のよいSCOPEソフトウェア
  • ドイツGFZをはじめとした研究機関での実績に基づいた先端技術の採用
  • カスタマイズや拡張にも柔軟に対応

▼詳しくはこちら
https://digos.eu/

▼Innovation Prize Berlin Brandenburg 2019受賞について(ドイツ地球科学研究所(GFZ)ニュースへのリンク)
https://www.gfz-potsdam.de/en/media-and-communication/news/all/article/gfz-spin-off-digos-wins-berlin-brandenburg-innovation-award/

ギャラリー