General Test Systems

自動車向け総合電磁環境測定ソリューション

3GPPに認可された手法で,特許取得のRadiated Two-Stage(RTS)法のOTA試験が可能な電波暗室を作るためのソリューション。既存EMC試験用大型電波暗室をGTS社独自のサンプリングフレーム、アンテナや吸収体を使用して改造し、EMC試験だけでなくOTA試験も実施可能にします。

特長

  • 既存EMC試験設備を活用し、OTA試験も可能な試験システムに改造
  • 測定項目:EMC測定、OTA測定(SISO、 MIMO、5G、フェーズドアレーアンテナ、車両ミリ波レーダー)
  • 小型プローブアンテナ

プローブアンテナ周波数範囲:400MHz~6GHz、18GHz~80GHz

  • EMC(30MHz~18GHz)、4G(600MHz~6GHz)、5Gとミリ波
    (18GHz~90GHz)の全帯域をカバーする発泡ポリプロピレン(EPP)吸収体
  • SISO高速試験
  • 自動車用3D MIMOスループットの高速および高精度試験
  • 3GPPに認可されたRTS法*によるMIMO OTA試験
  • ニアフィールド・ファーフィールド変換
  • DUTオフセット補正アルゴリズム

* RTS法は3GPP ドキュメント番号TS37.544 V14.5.0でMIMO OTAの標準試験プランとして認められました。

システム構成

シミュレーションと理論を基に最適な部品、配置を決定し、お客様のEMC試験用電波暗室をOTA試験対応暗室へのアップグレードを提案します。

事例紹介

試験所要時間(例)