T4Scienceの製品一覧

T4Science社はスイス、ヌーシャテルに本社を置き、高性能で、コスト効果が高く、スマートな機能を組み込んだ、次世代高品質コンパクトメーザ製品の世界的リーディングメーカーです。。1982年からヌーシャテル天文台で蓄積されたメーザ技術を、その設計などに携わってきたチームとともに移管し、2006年に設立されました。トータルな顧客満足のために必要な重要なサービスも提供しています。T4Science社製品は時刻および周波数アプリケーションを含むさまざまなサイエンス・アプリケーションで広く使用されています。

    スマートアクティブ水素メーザ「iMaser3000」

    T4Science

    スマートアクティブ水素メーザ「iMaser3000」

    短期安定度に優れた、最新アクティブ水素メーザ

    iMaser 3000は、コンパクトなサイズで、コスト効率のよいメンテナンスフリーのパッケージにインテリジェントな機能を組み込んだ、最新高性能スマートメーザです。オートキャビティSmarTuning、スマートなiControlイーサネットリモートコントロールおよび自己診断モニタリング、iDurableテフロンとバルブコーティング、高ゲインと非常に低い水素圧力と消費量のiCeramic™銀メッキキャビティ、温度変化に対するLoSensitivity™ 、とiShield™ パッケージングを使用しており、同時に、CEマークやEMC障害に対する厳しい要求に適合し、寿命伸張のためのアクティブ・スリープ運用モードにも対応しています。

    パッシブ水素メーザ「pH Maser 1008」

    T4Science

    パッシブ水素メーザ「pH Maser 1008」

    新製品

    ミッションクリティカルなシステムの安定した
    継続運用を可能にする自立した時刻・タイミング発生源

    水素メーザは水素原子を使い誘導放出により高純度のマイクロ波を発振(1,420,405,751.770 Hz ± 0.003 Hz)し、発振されたマイクロ波より5MHz、10MHz、100MHz、1pps などの基準信号が出力されます。
    セシウム標準器は正確さおよび長期安定度に優れているため,時間単位である「秒」の定義として運用されていますが、近年、セシウム標準機よりさらに短期周波数安定度に優れた装置として「水素メーザ周波数標準機」(水素メーザ)が開発され、精度と安定性を必要とするアプリケーションで一般的に利用されています。