膨大なデータをまとめて分析
―自動運転車開発用の最新データロガー

株式会社東陽テクニカ 機械制御計測部 水戸部 涼太

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. はじめに
  2. 自動運転/ADAS搭載車両の構成と課題
  3. データロガー「ViCANlog pro」
  4. おわりに

はじめに

国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、生産年齢人口(15~64歳)は2020年が約7,400万人に対し2060年には約4,500万人と約60%に減少すると予測されています1)
2060年には、筆者や読者の大半の方は現役を退いていると思いますが、労働力がこれだけ減少するということは、今は普通に受けられている物やサービスの供給も必然的に減少することになります。

第一生命保険株式会社が2020年12月に行った「大人になったらなりたいもの」調査では、小学生男子の1位が会社員でした2)。この背景には、コロナ禍で在宅勤務が広がり、子ども達が親の働く姿を間近に見るようになったことがあると考察されており、働く親として嬉しい反面、限られた労働力は在宅勤務ができる仕事に集中し、在宅勤務ができない仕事の担い手の減少がより加速するのではないかと筆者は想像しています。

実際にコロナ禍において営業活動をしていると、将来の労働力不足解消のために既存の業務を自動化することが急務だと考え行動されているお客様の熱量を感じます。その一例として、地方の移動手段の確保や物流ドライバー不足の解消など、安全で快適な社会の実現に向けて、自動運転/ADAS(先進運転支援システム)搭載車両実用化への期待が高まっています。

1)国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」
2)第一生命保険「第32回『大人になったらなりたいもの』調査結果を発表」

自動運転/ADAS搭載車両の構成と課題

乗用車だけではなくバス・鉄道といった公共交通機関や物流を支えるトラックなどで開発が進んでいる自動運転車やADAS搭載車には、GPS、カメラ、レーダー、LiDAR(Light Detection And Ranging=ライダー、光による検知と測距)などのさまざまなセンサーが搭載されています。人が車を運転する場合、他車両や歩行者、障害物などありとあらゆる情報を認知し判断して走行経路を決定し、ハンドルやアクセル・ブレーキといった操作をします。ロボットに人のような五感はありませんので、カメラやレーダー、LiDARといったセンサーが人の目の代わりとして情報を収集しそれらの情報を分析する必要があるのです。

しかし、安全が求められる自動運転開発において2021年1月時点で死亡事故がアメリカで3件、日本では死亡事故は起きていませんが接触事故が少なくとも4件起きています3)。テスラ社の事故では白いトレーラートラックを他車両と認知できなかったことが原因であるとされ、認知技術の向上が課題です。各社で開発された認知アルゴリズムは実走行試験やシミュレーションによって評価が行われています。

3)自動運転ラボ「自動運転車の事故まとめ UberやTeslaの死亡事故、日本の事例も解説」

図1:自動運転/ADAS搭載車両の構成

データロガー「ViCANlog pro」

今回ご紹介するのは自動運転/ADAS搭載車両の実現に向けて実走行試験で使用され、あらゆるデータを計測・再生・解析することができるデータロガー「ViCANlog pro(ビーキャンログ プロ)」です。

図2:「ViCANlog pro」ハードウェアとソフトウェア画面

著者紹介

株式会社東陽テクニカ 機械制御計測部

水戸部 涼太

2011年 東陽テクニカに入社。
バッテリーの充放電装置などの電気化学測定器、半導体や低温・磁気デバイスを評価する物性測定器の営業を経て、現在はADAS/自動運転用のLiDAR製品やデータロガー製品を担当。執筆や講演活動も手掛ける。

製品・ソリューション紹介