世界が注目―中国のインテリジェント・コネクテッドカー開発における通信品質評価の最前線

CICV プラットフォーム事業部シニアマネージャー 方 達龍(Fang Dalong)氏

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. 中国の自動運転開発の今
  2. 自動運転実現に欠かせない通信品質評価
  3. 海外自動車メーカーとも協力

自動運転レベルが進む中、信頼性の高い先進運転支援システム(ADAS)/自動運転(AD)実現のため、車両の無線(V2X)通信性能をOTA(Over-The-Air試験=無線通信環境での性能を評価する試験)にて計測する重要性が高まっています。中国では、これらの評価を車両販売に必要な認証試験とする動きがあり、各国家試験機関においてこれらの新技術に対応した新しい計測システムの導入が検討されています。

中国の代表的な三つの自動車関連団体(China SAE1)、CAAM2)、およびCAICV3))により2019年3月に設立され、中国内外のOEM、車載機器メーカーや通信業界が株主となって運営されている中国の国家研究機関China Intelligent and Connected Vehicles (Beijing) Research Institute Co., Ltd. (CICV)は、業界に先立ち完成車OTA試験設備の導入を計画する中で、東陽テクニカの販売するコネクテッドカー向け無線通信性能計測システムを自社のテストセンターに導入することを決定しました。

そのCICVのプラットフォーム事業部シニアマネージャー、方 達龍(Fang Dalong)氏に、中国におけるADASやADの開発状況やOTA試験設備の導入決定に至った経緯、またCICVの役割などについてお話を伺いました。

【インタビュアー】
今泉 良通
(株式会社東陽テクニカ 執行役員EMCマイクロウェーブ計測部 統括部長)

1) China Society of Automotive Engineers
2) China Association of Automobile Manufacturers
3) China Industry Innovation Alliance for the Intelligent and Connected Vehicles

製品・ソリューション紹介