世界が注目―中国のインテリジェント・コネクテッドカー開発における通信品質評価の最前線

CICV プラットフォーム事業部シニアマネージャー 方 達龍(Fang Dalong)氏

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. 中国の自動運転開発の今
  2. 自動運転実現に欠かせない通信品質評価
  3. 海外自動車メーカーとも協力

自動運転レベルが進む中、信頼性の高い先進運転支援システム(ADAS)/自動運転(AD)実現のため、車両の無線(V2X)通信性能をOTA(Over-The-Air試験=無線通信環境での性能を評価する試験)にて計測する重要性が高まっています。中国では、これらの評価を車両販売に必要な認証試験とする動きがあり、各国家試験機関においてこれらの新技術に対応した新しい計測システムの導入が検討されています。

中国の代表的な三つの自動車関連団体(China SAE1)、CAAM2)、およびCAICV3))により2019年3月に設立され、中国内外のOEM、車載機器メーカーや通信業界が株主となって運営されている中国の国家研究機関China Intelligent and Connected Vehicles (Beijing) Research Institute Co., Ltd. (CICV)は、業界に先立ち完成車OTA試験設備の導入を計画する中で、東陽テクニカの販売するコネクテッドカー向け無線通信性能計測システムを自社のテストセンターに導入することを決定しました。

そのCICVのプラットフォーム事業部シニアマネージャー、方 達龍(Fang Dalong)氏に、中国におけるADASやADの開発状況やOTA試験設備の導入決定に至った経緯、またCICVの役割などについてお話を伺いました。

【インタビュアー】
今泉 良通
(株式会社東陽テクニカ 執行役員EMCマイクロウェーブ計測部 統括部長)

1) China Society of Automotive Engineers
2) China Association of Automobile Manufacturers
3) China Industry Innovation Alliance for the Intelligent and Connected Vehicles

中国の自動運転開発の今

今回は、インタビューの機会をいただきありがとうございます。中国における自動運転やOTA測定の状況をお聞かせください。

インテリジェンスとコネクティビティの同時開発により、車両、道路、クラウド、ネットワーク、地図を統合した中国独自のソリューションが構築されています。インフラやコネクテッドカーに政府のリソースが大量に投入されており、今後は自動車を購入するユーザーにとってインテリジェンス(知能化)とコネクティビティ(ネットワーク化)が重要な検討事項になります。

完成車OTA試験は中国では始まったばかりで、ほとんどの試験機関はまだ傍観しています。そんな中、中国の先端研究機関である中国汽车工程研究院股份有限公司(CAERI)と国汽(北京)智能网联汽车研究院有限公司(CICV)の2社は、他社に先駆けてテストセンターの建設に投資を開始しました。


世界一の自動車販売台数を誇る中国。2030年に新車販売台数に占める自動運転車(レベル4-5)の割合を10%に引き上げる目標を掲げ、2021年初めには、自動運転のスタートアップ企業AutoXが完全無人の自動運転車によるタクシーサービスを深圳で一般向けにスタートしました。今後の中国の自動運転の方針や方向性を教えていただけますか。

中国の産業政策措置により、コネクテッドカーは製造業の変革とさらなる向上の画期的なポイントになります。国は情報通信の管理を強化しつつあり、コネクテッドカーは情報システム構築の重要な担い手となります。また、人工知能の開発も重視しており、コネクテッドカーは人工知能の重要な応用分野となっています。今後構築されるスマートハイウェイと新世代の交通制御ネットワークでは、コネクテッドカーがスマートトランスポーテーションの要となるため、国と地方自治体は、テスト・デモンストレーション基地を積極的に構築し、コネクテッドカーの試験を進めています。

民間のメーカーだけでなく、中国当局も積極的に技術開発やインフラ整備を支援する中、CICVのような国から認証された機関の役割はどのようなものなのでしょうか。

CICVは主に業界のリーダーとして、業界全体の計画、トップレベルの設計、リソースの確保、業界の発展を主導する責任を負っています。主なポイントは以下の通りです。

1.産業の発展に応じた、国家開発戦略とガイドラインの策定および産業開発技術と政策指導。

2.基礎研究・先端技術研究の推進。一例として、コネクテッドカー情報の物理プラットフォームの2.0版を2021年に発表。

3.業界横断的なニーズに着目し、コンピューティング・インフラストラクチャー・プラットフォーム、クラウド制御インフラストラクチャー・プラットフォーム、高精度基本地図プラットフォーム、情報セキュリティ・プラットフォーム、インテリジェント・コックピット・プラットフォームなど、重要な基礎技術研究の実施。

4.産・学・官の架け橋となり、産業資源の収集、成果の転換、産業応用の促進、また産業人材の育成。

自動運転実現に欠かせない通信品質評価
--世界に先駆け、国家試験所レベルでの評価を開始---

言うまでもなく、自動運転ではV2Xなどの車両通信品質の担保が非常に重要です。中国での自動運転における通信品質評価への取り組みの現状、また今後の課題を教えていただけますか。

プロフィール

CICV プラットフォーム事業部シニアマネージャー

方 達龍(Fang Dalong)氏

清華大学卒業。国家資格「高級工程師(シニアエンジニア)」を有する。自動車製品の研究開発、管理に従事して10年余り、豊富な研究開発とマネジメントの経験がある。CICV在職中、工業和信息化部(日本の総務省に相当する中国の通信業界の主管部門)国家ICV(Intelligent Connected Vehicle)イノベーションセンター建設プロジェクト、基礎データサービスおよびクラウドコントロールプラットフォーム建設プロジェクト、完成車OTAと自動運転シミュレーションプロジェクトおよび北京亦庄アドバンスド自動運転デモンストレーションゾーンの基本設計プロジェクトなどを主宰または参加。自動運転とIoV(Internet of Vehicles)分野で深く研究を行っている。

製品・ソリューション紹介