DXの基幹を支える超高速ネットワークインフラ 400GそしてBeyond 400Gへ ―次世代ネットワークパフォーマンステスター「Spirent TestCenter」

株式会社東陽テクニカ 情報通信システムソリューション部 課長 松葉 俊信

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. はじめに
  2. 急速なトラフィック増加に対応する方法 ―ネットワークの400G化
  3. 高速ネットワークのパフォーマンスを“はかる” ―Spirent 400Gラインアップ
  4. 400G検証にはあらゆる規格・プロトコルへの対応が重要
  5. Beyond 400G の世界、そして時代を先取りしたSpirent 800GbEテスター

Spirent TestCenter SPT-N12Uの製品写真

はじめに

日本のインターネットトラフィック(通信量)は年間2~4割増と速いペースで増加しています。近年、新型コロナウイルス感染症拡大によるテレワーク推進や、巣ごもり需要の拡大に伴い、増加ペースはいっそう加速しています。膨れ上がる通信量に対応するため、日本国内の通信事業者ネットワーク(以下、キャリア網)やデータセンターネットワークにおいては、現在主流である100ギガビットイーサネット(100GbE:伝送速度が最大100Gbpsのイーサネット規格)より、さらなる高速化が求められるようになってきました。

ネットワーク技術も進化しています。2017年に最大伝送速度400Gbpsを誇る最新規格「米国電気電子学会(IEEE)802.3bs」の標準化が完了しました。並行して、400GbEに対応するネットワーク機器が、グローバル市場で先行して開発、導入され、日本国内でもここ1、2年で400G対応製品が流通し始めました。また現在は、400GbEよりさらに高速な通信規格についてIEEEのタスクフォースで議論されています。

本稿では、DX時代を支える400G、そしてBeyond 400Gの超高速ネットワーク構築に貢献する、米国Spirent Communications社の次世代ネットワークパフォーマンステスター「Spirent TestCenter」をご紹介いたします。また、業界で初めて800GbEに対応した同製品の新モデルを、2022年6月に販売開始しましたので、こちらも最後にご紹介いたします。

Spirent TestCenter SPT-N12Uの製品写真

「Spirent TestCenter」の製品ページ
https://www.toyo.co.jp/ict/products/detail/testcenter.html

急速なトラフィック増加に対応する方法
―ネットワークの400G化

キャリア網における基幹ネットワーク高速化へのアプローチとして、既存の100GbEを束ねる方法と、400GbEなどの新しい規格の製品へ置き換える方法の2通りが考えられます。事業者により考え方は異なりますが、基本的には400GbEへ置き換えたほうがコスト面でメリットがあります。トラフィックの増加が緩やかであれば、100GbEを束ねることで凌げるでしょうが、段階的な増やし方では間に合わないくらい、トラフィックは急速に増えています。同じ転送速度を実現する時に、より少ない回線数で賄えるほうが高効率で低コストです。さらに、スペース/消費電力の削減や、配線のシンプル化などのメリットもあります。

ネットワークの400GbE化事例は国内外で着実に増えています。GAFAなどに代表されるハイパースケーラーのクラウド用データセンターが相次いで導入しているほか、国内においても一部の大手キャリアが基幹網への400GbEの伝送装置導入や、法人向けに400GbEのデータ転送サービスの提供を開始しています。海外ベンダーの製品を中心に、400GbEの伝送装置の価格も低廉化し始めています。

400GbEのネットワーク構築には、その性能の検証も不可欠です。そこで“はかる”技術のソリューション・プロバイダーである東陽テクニカが提供するのがSpirent Communications社「Spirent TestCenter」のSpirent 400Gイーサ・テストソリューションです。

高速ネットワークのパフォーマンスを“はかる”
―Spirent 400Gラインアップ

Spirent 400Gイーサ・テストソリューションは大きく2つのラインアップを用意しています。1つ目は「400Gイーサ・アプライアンス」、2つ目は「400Gスピードオプション対応モジュール」です。

「400Gイーサ・アプライアンス」は、19インチラックに収まる1Uまたは2Uのアプライアンス型製品で、パフォーマンステストや負荷試験などを行えます。1Uあたり400GbE用ポートを8つ搭載しており、特に日本の通信事業者は限られたスペースで通信設備を構築しているケースが多く、高いポート密度が大きなメリットになります。複数台をスタック接続してテストポート数を増設することもでき、大規模な拠点にも対応できます。

Spirent TestCenter 400Gイーサ・アプライアンス イメージ

図1:Spirent 400Gイーサ・アプライアンス

「400Gスピードオプション対応モジュール」は、既存の100Gテスターなどに取り付けることで400GbE対応を実現できる製品で、すでに100GbE対応のシャーシを持つ事業者向けです。モジュールを挿すだけで400GbEのポートを2つ増設できるため、400GbEの設備を少しずつ増やしたい事業者などに向いています。

Spirent TestCenter 400Gスピードオプション対応モジュール イメージ

図2:Spirent 400Gスピードオプション対応モジュール

400G検証にはあらゆる規格・プロトコルへの対応が重要

両ラインアップに共通する特長は、複数の規格に対応していることです。400GbE以外に10/25/40/50/100/200GbEのスピードに対応しています。特に日本のキャリア網は、現在は100GbEからの移行期であるため、100Gと400Gの複数のスピードを組み合わせた接続の検証が必要な事業者も多いと思います。Spirent社製品は1台でそのような組み合わせ検証が可能です。

著者紹介

株式会社東陽テクニカ松葉 俊信 写真

株式会社東陽テクニカ 情報通信システムソリューション部 課長

松葉 俊信

2010年 東陽テクニカに入社。
情報通信分野のネットワーク性能測定器、パケットキャプチャ、トラフィック監視製品の営業を経て、現在は超高速ネットワークに特化した性能測定器を担当。製品開発プロジェクトにも従事。

製品・ソリューション紹介