ノーベル物理学賞受賞 天野浩名古屋大学教授との特別対談

名古屋大学教授 天野 浩
株式会社東陽テクニカ 水田 愼一朗

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. ACホール測定器の登場は画期的だった
  2. 今、めざしているのは、パワー半導体の実用化
  3. 測定器に求めるもの、それは信頼に尽きる
  4. 「ものづくり」こそが、人々の暮らしを豊かにする

近年、明るい話題が少なかった日本の半導体産業。そのような状況下、飛び込んできた赤﨑勇・名城大学教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授、の日本人3氏が2014年ノーベル物理学賞を受賞したというニュースは、半導体業界のみならず日本国民全体が注目する話題となっています。

3氏のノーベル物理学賞受賞理由となった「高効率青色LEDの発明」には、所属されていた大学や会社は異なるものの、それぞれの研究室において東陽テクニカのホール測定装置(商品名「レジテスト」)を導入いただき、試作したLED用半導体の特性を調べるために活用していただきました。

今回、天野浩先生と、ACホール測定技術の発明者で当社で30年以上レジテストの開発に携わってきた水田愼一朗(現、事業戦略室長)との対談1が実現。旧知であるお二人に、90年代当時の研究開発の様子や今後の豊富などを語っていただきました。

1. 2014年10月28日名古屋大学豊田講堂に於いて