高出力充電規格で世界を席巻するか。
日中共同開発「ChaoJi」の現状と未来

CHAdeMO協議会 事務局長 吉田 誠 氏

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. CHAdeMO協議会について
  2. ChaoJiについて
  3. 今後の展望について

世界中で環境問題への対策が進む中、自動車の電動化が加速しています。その一方、EVに欠かせない急速充電器の規格は現在も統一がなされておらず、それがEVの充電インフラ整備の足かせになっているのではとの危惧もあります。

しかし、そんな急速充電器の勢力図を変えると期待されている新しい充電規格があります。それが日中共同開発の「ChaoJi」(チャオジ)です。

今回は今注目されているChaoJiについて、規格発行や開発を行うCHAdeMO(チャデモ)協議会事務局長の吉田誠氏に、なぜChaoJiが期待されているのか、その特徴や普及に向けての取り組みなどについてお話をお聞きしました。

CHAdeMO協議会について

CHAdeMO協議会の設立経緯とミッションをお聞かせいただけますか︖

CHAdeMO協議会の設立は2009年、今から10年以上前です。日本発の急速充電の規格を作り、それを広め、EVの普及と推進に貢献することを目的として発足しました。

ご存じかもしれませんが電気自動車というのは10年ごとにブームを繰り返してきました。カリフォルニア州でZEV規制(自動車メーカーに一定数以上のゼロエミッション車両の販売を義務付けるというもの)が始まった1980年、そして1990年、2000年にも米国を中心にEVのブームがありました。ただ、インフラの未整備や充電規格選定の問題もあってなかなか成功しなかったのです。

そして、今のEVブームは2010年頃に始まったものです。カリフォルニア州のZEV規制が強化されることになり、各国の自動車メーカーが本格的にEV開発を始めたのがきっかけです。

規制に先立ち日本でもSUBARU、三菱自動車、日産自動車などがEVの開発をスタートさせました。そして、新しいEVには新たな共通の充電規格が必要ということで、当時東京電力でEVを担当していた、現CHAdeMO協議会会長の姉川が中心となって、東京電力が自動車会社の仲立ちとなる形でCHAdeMO協議会を発足させたのです。

新たな規格を策定するうえで重視されたことなどございますか?

重視したのは、安全性と互換性です。EVの急速充電は、住宅10戸分に相当する50kWといった大きな電力を使用します。それを小さなコネクタで一度に充電するわけですから、万が一触れれば人の命にかかわります。安全性は絶対に担保されていなければなりません。

また、優れた互換性がなければ利便性にも欠けます。そんな理想的な充電規格を形にしたのがCHAdeMOなのです。とても優れた充電規格ですから、それを世界中に広く普及させたい、それが今のCHAdeMOのミッションということになるでしょうか。

CHAdeMO協議会の主な活動内容を教えていただけますか︖

まずはEVのさらなる普及に不可欠な急速充電器の設置場所の拡大、そしてCHAdeMOの世界的な標準化を図るため、GtoGの会議などに参加し、優秀さをPRするなどの活動を行っています。

その活動もあってCHAdeMOの充電器の基数は着実に伸びています。図1を見てください。欧州も米国もアジアも年々そのシェアが拡大しているのがわかるかと思います。特に欧州では二次曲線的にその数を伸ばしています。

図1:CHAdeMO基数の推移(出典:2020年CHAdeMO総会資料)


現状では世界に約41,000基のCHAdeMO充電器が導入されています(図2)。一番多いのが欧州で19,000基ほど。欧州といえばEVの充電規格はCCS(コンボ)1)というイメージがありますが、以前はCHAdeMO規格の充電器のほうが多く設置されていたのです。ただ、残念ながら欧州では近年CCSの普及に莫大な公的資金が投入されていて、2020年の暮れにCCSに逆転されました。

図2:CHAdeMO基数(出典:2021年CHAdeMO総会資料)

ChaoJiについて

ChaoJi取り組みの背景を教えていただけますか︖

CHAdeMO協議会発足後、最初の5年は国内にCHAdeMO規格を普及させることを主眼に活動していました。急速充電器を設置するには高電圧の規制や火災予防条例などクリアすべきルールや法律もたくさんありますし、ユーザーに対しても、どのような注意が必要なのかを理解してもらうことも必要ですから。

その後、世界市場に向けてCHAdeMOの普及活動を始めたのですが、2013年~2014年頃、欧州でCHAdeMOのライバルとなるCCSの規格がスタートしたのです。


彼らの目的の本音は、日本やアジアでのEVのシェアを取りたいというものでしょう。既にCHAdeMO規格のEVである日産リーフが世の中に広く浸透していました。またテスラもアダプターを介せばCHAdeMOが使える。そんな状況に「このままでは急速充電規格の仕様決定権や市場をコントロールするパワーを日本に握られてしまう」そんな危機感を覚えたのだと思います。そこで欧米が協力してCHAdeMOのライバルとなる規格、CCSをぶつけてきたのです。


当初CCS側は劣勢でした。しかし、フォルクスワーゲン(VW)のディーゼルゲート(2015年に発覚したVWによるディーゼルエンジンの排出規制不正事件)で潮目が変わったのです。VWが何千億円、それこそ兆に届くような金額をペナルティとして支払い、そのお金がEV、そしてCCS規格の充電器に流れたのです。その結果、2020年末、欧州で充電器のシェアがひっくり返ってしまいました。


我々としてはそれを、指をくわえて見ていたわけではなく、欧州だけでなくアジアや中南米、中近東などにもマーケットを広げるため、CHAdeMOの安全性やカーボンニュートラルとの組み合わせなどをもって、優位性をアピールする活動をしてきました。

そして、さらなる選択肢の一つとして、2018年に中国と共同でCHAdeMOをベースとした新たな充電規格を開発することを発表したのです。それがChaoJi(チャオジ)です。

中国と共同開発するメリットとしては、どのようなものがありますか?

プロフィール

CHAdeMO協議会 事務局長

吉田 誠 氏

1989年、慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業。
同年、日産自動車(株)入社、欧州日産ブラッセル事務所、北米日産ワシントン事務所などを経て、2015 年4月より現職。

製品・ソリューション紹介