自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: 加速度センサ

加速度センサーで人と車の移動軌跡から位置関係を特定する技術の特許を取得

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、IMU※1で得られた加速度データから人間と自動車の移動軌跡を算出し、両者の位置関係を特定するための解析方法(以下、当技術)について、2020年4月8日に特許を取得しましたことをお知らせいたします。

ホイール6分力計の原理とその応用(2)~東陽テクニカの提供するソリューション~

6分力計を使ってタイヤ力を測ることは、ノイズ源の特定やノイズの伝達経路の特定にも応用できます。また、今後は開発コストの削減のためにCAEの活用が大きな意味を持ちます。東陽テクニカは、そうした応用計測ソリューションを提供しています。

ホイール6分力計の原理とその応用(1)

自動車の中で地面と接している唯一の部品であるタイヤ。そのタイヤから入力される力を「はかる」ことは自動車開発にとって非常に重要です。タイヤ力をはかるホイール6分力計の原理とその応用について紹介します。特許技術の資料も提供します。

動的現象測定用加速度センサのご紹介(1)

振動・騒音・衝撃解析の分野で、その特性と利便性、価格対性能の面から多用されている、PCB Piezotronics社の圧電型振動センサ(加速度センサ)。その原理と構造について解説します。PCB社の圧電型加速度センサの特徴のひとつとして、登録商標でもあるICP®があります。これは加速度センサ内に電荷/電圧変換のFET回路を封入したもので外部にチャージアンプを必要としません。

 
 
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。