自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム一覧

高エネルギー化するEV試験に求められるもの

電動車両(EV/PHEV)の高エネルギー化に伴い、試験の準備・作業中の誤配線や感電事故のリスクも高まります。バッテリーパックの計測を例に挙げ、高電圧に対応した適切な測定器・測定手法を紹介します。

加速度センサーで人と車の移動軌跡から位置関係を特定する技術の特許を取得

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、IMU※1で得られた加速度データから人間と自動車の移動軌跡を算出し、両者の位置関係を特定するための解析方法(以下、当技術)について、2020年4月8日に特許を取得しましたことをお知らせいたします。

車両EMC暗室に後付け設置可能な車載無線の通信品質評価のための「自動車CATR(コンパクトレンジ)ソリューション」を販売開始

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)はRanLOS AB(本社:スウェーデン、ヨーテボリ、以下RanLOS社)と国内および中国・米国での代理店契約を締結し、2020年6月1日より、自動車に搭載された無線通信機器の品質を評価するための試験ソリューション「自動車CATR※1ソリューション」の販売を開始いたします。

開発初期段階でのNV予測が可能に~実験データとシミュレーションの融合~

自動車部品の試作品が完成した時点で、車両全体の音・振動を予測する、コンポーネントTPAが欧州でトレンドになっています。
試作車を待たずに早い段階で部品の設計変更などの判断が行えるため、開発期間の短縮につながります。

ホイール6分力計の原理とその応用(2)~東陽テクニカの提供するソリューション~

6分力計を使ってタイヤ力を測ることは、ノイズ源の特定やノイズの伝達経路の特定にも応用できます。また、今後は開発コストの削減のためにCAEの活用が大きな意味を持ちます。東陽テクニカは、そうした応用計測ソリューションを提供しています。

ホイール6分力計の原理とその応用(1)

自動車の中で地面と接している唯一の部品であるタイヤ。そのタイヤから入力される力を「はかる」ことは自動車開発にとって非常に重要です。タイヤ力をはかるホイール6分力計の原理とその応用について紹介します。特許技術の資料も提供します。

自動運転/ADAS用データロガー「ViCANdo」を販売開始

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)はZuragon社(本社:スウェーデン、イェーテボリ)と国内総代理店契約を締結し、2020年3月30日より自動運転/ADAS用データロガー「ViCANdo(ビーキャンドゥー)」の販売を開始いたします。

最新のミリ波レーダーHILSソリューション

ADAS(先進運転支援システム)機能を動作させるために必要なセンサーのひとつ、ミリ波レーダー。そのミリ波レーダーをハードウェアで構築してシミュレーションする最新のHILSソリューションの紹介です。

欧州のテストベンチ事例~制御と計測をひとつに~

1台の自動車に3万点以上も搭載されている部品。そのコンポーネントに対する計測の要求が高まっています。欧州における効率的なテストベンチの事例を紹介します。

「第12回 オートモーティブ ワールド」出展レポート

「第12回 オートモーティブ ワールド -クルマの先端技術 展-」内、「第3回 自動運転 EXPO」および「第11回 EV・HEV 駆動システム技術展 (EV JAPAN)」に出展しました。

100件中 1-10件目
 
 
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。