li
HOME  > コラム一覧
コラム一覧

自動運転 電気自動車

展示会レポート:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋
2018年7月11日から13日の3日間、ポートメッセなごやにおいて“公益社団法人自動車技術会”主催の「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」が開催され多くの人で賑わいました。テーマ別にさまざまなソリューションを展示した東陽テクニカブースを、「自動車計測ポータル」編集部が取材してきました。

自動運転 V2X コネクテッドカー

情報通信技術と自動車の融合
自動車とV2X(車車間通信)のような情報通信技術の融合が進み、ライドシェアサービスに代表されるように人間とクルマの係わり合い方が大きく変わりつつあります。ですが、これらの変化は自動運転車で実現されるスマートモビリティ社会のほんの入り口でしかありません。私たちは、もう既に歴史的な大変動の目撃者になっているようです。

音・振動解析 電動化 快適性 電気自動車

EV(電気自動車)特有の音を「はかる」
クルマの車内にあふれるさまざまな音。電動化によってエンジン音がなくなる
ことでクルマは静かになり、快適な空間となります。しかし、ガソリン車には
ない、EV(電気自動車)ならではの、気になる音もあるのです。
そんな音を「はかる」ことで、自動車の快適性をさらに高めるための最適な
騒音対策を立てることができます。

EMC試験 コネクテッドカー 自動運転

自動運転時代の自動車のロバスト設計を支えるEMC試験環境
自動運転技術の中核を担う5G(次世代無線通信規格)。その5Gの普及によって自動車を取り巻く電磁環境もより複雑になります。
複雑な電磁障害環境を効率的に再現でき、より高い信頼性・安全性が求められる試験で使われる「リバブレーションチャンバー」の仕組みと構造を、私たちの生活に身近な電子レンジにたとえて、わかりやすく解説します。

自動運転 電動化 コネクテッドカー

「人とくるまのテクノロジー展 2018 名古屋」に出展!
東陽テクニカブースでは、「“はかる”技術でクルマの未来を創る」をスローガンに、自動車開発における先端領域である「自動運転&コネクテッドカー」「電動化」と恒久的重点課題である「安心・安全」「快適性」を重点テーマに掲げ、最新の計測ソリューションを、紹介・提案いたします。

電動化 電気自動車 EV充電器 GB/T CHAdeMO

中国でEV(電気自動車)の充電を試してみた!?
EV(電気自動車)の充電に関する規格は国ごとに異なり、充電時に思わぬトラブルが発生したり、正常に充電が行えないといった事態が生じています。
そこで、東陽テクニカが扱う「EVチャージアナライザ/シミュレータ」を使い、EV/PHEVの普及が急速に進んむ中国で、充電が行えなかった機器のどこに問題があるのかを調べてみました。

自動運転

自動運転を支えるセンサ技術“LiDAR”と路面計測
子供の頃夢中になったSF映画や未来を舞台にしたアクション映画では、空飛ぶ車やドライバーと会話する車、そして運転しなくても自動で目的地まで連れて行ってくれる車が登場して、そんな未来に強く憧れたものでした。空飛ぶ車はまだまだ先の話かもしれませんが、自動運転は現実になりつつあります。

AUTOSAR C++ 車載ソフトウェア AUTOSAR C++ 組み込みソフトウェア

AUTOSAR コーディングガイドライン導入のすすめ
PAPERAUTOSAR コーディングガイドライン導入のすすめ

自動車業界においてのソフトウェア開発の重要性は、年々高まっている。安全性・環境性・利便性に対する要件は厳しさを増し、その結果として、自動車に使用される電子機器の数は急激に増加している。

自動運転 電動化

東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開
東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開~ エンジニアのための“最新自動車計測の情報発信サイト” ~
株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、最新の自動車計測技術情報を発信する「自動車計測ポータル」サイトを2018年4月23日(月)にリニューアル公開いたしました。

車載ソフトウェア

車載ソフトウェア開発を改革するトップに聞く! 1/2
車載ソフトウェア開発を改革するトップに聞く!
クルマ×ITの品質を高めるために、今そして未来に必要なこと
45件中 1-10件目