自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: 自動運転

展示会レポート:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋

「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」の出展報告。自動車開発の先端技術領域「自動運転&コネクテッドカー」「電動化」と、恒久的重点課題「安心・安全」「快適性」がテーマです。

情報通信技術と自動車の融合

自動車とV2X(車車間通信)のような情報通信技術の融合が進み人間とクルマの関わり合い方が大きく変わりつつあります。自動運転車で実現されるスマートモビリティ社会の入り口です。

自動運転時代の自動車のロバスト設計を支えるEMC試験環境

5G(第5世代移動通信システム)の普及によって自動車を取り巻く電磁(EMC)環境もより複雑に。複雑な電磁障害環境を効率的に再現できる「リバブレーションチャンバー」の仕組みと構造を解説します。

「人とくるまのテクノロジー展 2018 名古屋」に出展!

東陽テクニカブースでは、「“はかる”技術でクルマの未来を創る」をスローガンに、自動車開発における先端領域である「自動運転&コネクテッドカー」「電動化」と恒久的重点課題である「安心・安全」「快適性」を重点テーマに掲げ、最新の計測ソリューションを、紹介・提案いたします。

自動運転を支えるセンサ技術“LiDAR”と路面計測

自動運転を支えるセンシング技術として近年注目されているLiDAR。路面スキャン用LiDAR「XenoTrack-RT」を使ったアプリケーション、自動運転車両の開発などについて解説します。

東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開

東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開~ エンジニアのための“最新自動車計測の情報発信サイト” ~
株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、最新の自動車計測技術情報を発信する「自動車計測ポータル」サイトを2018年4月23日(月)にリニューアル公開いたしました。

自動車業界は V2X システムをどのように試験すべきなのか?

自動車業界は V2X システムをどのように試験すべきなのか?
車両の試験・QAの根本的転換がコネクテッドカーに必要なわけ

蓄電デバイスとしてのLIB(Lithium Ion Battery)と日本の現状(2)

車の自動運転化が進めば電気自動車化も進み、蓄電池はますます重要性が増すでしょう。早稲田大学 逢坂哲彌先生は、蓄電池の技術の研究開発体制をスタートアップしています。

自動運転を支える高精度測位GNSS : RTK GPS

自動運転開発現場などで行われる、ロボットを使った衝突試験やポッドテスト(落下試験)。これらの試験では再現性の高い結果を得るために高精度な位置制御が要求されます。高精度な位置情報取得技術、RTK(Real Time Kinematic) GPS技術について紹介します。RTK GPSとは、全地球衛星測位システム(GNSS)の相対測位の一種で、センチメートル級の測位が可能です。

新たに東陽テクニカに加わった自動車メーカー出身のエンジニアに聞く(2)

株式会社本田技術研究所でエンジン開発や、アイルトン・セナ、アラン・プロストらの担当エンジニアとして活躍した木内健雄氏が、東陽テクニカ技術研究所所長に就任。自動車開発における計測技術の重要性、今後のモビリティ社会および燃料電池車や自動運転車などの開発の方向性、また、自身がチャレンジしていこうと思っていることについて語ります。

58件中 41-50件目
 
 
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。