医療分野におけるX線撮影の原理

東陽テクニカ ライフサイエンス&マテリアルズ 青木 実花咲

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. X線撮影の原理
  2. 医療現場で活躍するソフトウェア例

主に骨や肺の病変を描き出す画像診断として、医療分野で積極的に活用されているX線画像について、その原理を紹介します。また、このX線画像を用いて、実際の医療現場ではさまざまなソフトウェアが活躍しています。今回はその一例も紹介します。

X線撮影の原理

X線一般撮影、俗にいうレントゲン撮影は、骨や肺の画像診断として一般的によく知られている検査方法であり、誰しも一度は受診したことがあるかと思います。

X線撮影は、照射装置とフィルムの間に身体を置き、X 線を身体(特定の部位)に照射します。X線は物質を透過する性質を持ち、物質や線量の強さにより透過する力が異なります。また、感光板を黒く変色させるという性質があるため、X 線が通過した部分は黒く写り、通過しなかった部分は白く写ります。身体の組織によってX 線の透過度が異なるため(表1)、その透過度の差がX線写真の白黒の濃淡となり、身体の構造を表現します。体内に腫瘍などを示す病変がある場合はその箇所のX線透過度が変わり、病変がある場所が通常より白く描画されます。医師はその濃淡の差を読み取り異常を検出しているのです。このX線を照射する装置が身体の周囲を回転しながら撮影したデータを画像化したものがCT(Computed Tomography)です。

表1:組織によるX線透過度の違い

X線画像は従来フィルムに印刷されていましたが、近年では撮影された画像の大半がデジタル画像となり、モニター上で読影が実施されています。デジタル化により、ただ読影するだけではなく、読影や診断、治療をサポートするソフトウェアへその画像(データ)を適用することが可能となりました。これらのソフトウェアは医療現場においてさまざまな用途で使用されています。そのソフトウェアの一例を紹介します。

医療現場で活躍するソフトウェア例

胸部画像読影支援システム

プロフィール

東陽テクニカ ライフサイエンス&マテリアルズ

青木 実花咲