医療法施行規則の改正から知る、医療放射線被ばくの現状

医療法人社団 愛友会 上尾中央総合病院 放射線技術科係長 佐々木 健

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. はじめに
  2. 放射線被ばくの種類
  3. 放射線について
  4. 放射線による影響
  5. 放射線防護の3原則
  6. おわりに

胸部X線検査は、健康診断などで一度は受けたことがあると思いますが、この検査で受ける放射線被ばく量が、飛行機で東京とニューヨークを往復したときに受ける被ばく量より小さいことをご存知でしょうか。放射線被ばくに対する世間の意識は年々高まっており、診断のために必要な検査で被ばくすることを心配する方も増えています。不安なく放射線検査を受けることができるよう、医療放射線被ばくの現状をご紹介します。

はじめに

放射線利用は、現代の医療になくてはならないものとなっています。しかし、UNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会)の報告によると、医療被ばく線量の世界平均は、2000 年は年間0.4mSv(ミリシーベルト)であるのに対し、2008 年は年間0.6mSvと増加傾向にあります。また、2008 年の日本の平均は、年間3.87mSvであり、世界平均に比べ非常に高くなっています。

図1:年間当たりの被ばく線量の比較
(出典:環境省 放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料(平成28年度版))

我が国では、医療分野の放射線管理は、ICRP(国際放射線防護委員会)勧告に基づき、医療法(昭和23 年法律第205号)体系および労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)体系において構造・設備に係る基準、被ばく線量限度等が規定されてきた一方で、医療被ばく線量については、正当化および最適化が担保される限りにおいては線量限度が設定されないことから、明確な規制は導入されていませんでした。しかし、近年の医療被ばく線量の増加や医学における放射線の安全利用に対する社会的要求の高まりにより、2019年3月11日に医療法施行規則の一部を改正する省令(平成31年厚生労働省令第21号)が公布、2020 年4月1日より施行され、医療機関における一部の放射線検査の線量管理が義務化されました。

本稿では、放射線についての基本を押さえ、放射線被ばくとその影響について考えていきたいと思います。

放射線被ばくの種類

筆者紹介

医療法人社団 愛友会 上尾中央総合病院 放射線技術科係長

佐々木 健

2002年に城西医療技術専門学校を卒業し、上尾中央総合病院放射線技術科に入職。医療科学修士、X線CT認定技師、放射線管理士、放射線機器管理士など、多くの資格を持つ。日本診療放射線技師会や埼玉県診療放射線技師会、日本放射線公衆安全学会をはじめとする役員も務める。