肺がんの早期発見を補助
過酷な業務に携わる医師を助ける最先端画像処理技術

聖路加国際病院 放射線科医長兼 胸部画像診断室室長 松迫 正樹
聖路加国際病院 放射線科部長 栗原 泰之

ログイン・新規会員登録して
PDFダウンロード
目次
  1. 高まるCT読影需要と読影医師の負担
  2. 心的負担の軽減と読影時間の短縮に大きく貢献
  3. 血管と病変を見分け、病変の見落としを防ぐ
  4. 気道内病変を見分け、病変の見落としを防ぐ
  5. 一般診療における有用性
  6. 疾患への応用へ
  7. 胸部CT肺血管透過処理システム「ClearRead CT-VS」

肺がんは病気の進行が早いため、早期に発見することが大切です。その発見方法の一つが、X線を用いて体を輪切りの状態にして体内を観察することができるCT(Computed Tomography)検査です。CT検査では5mm以下の小さながんも明瞭に表示され、早期発見に貢献します。一方、1検査が非常に多くの画像で構成されるため、その多数の画像からわずかな病気を拾う医師の業務は大変な集中力と体力を必要とします。CT画像と日々向き合う放射線科の医師が抱える問題とその解決策について、医療の安全と質向上のため世界トップクラスの取り組みを実践している聖路加国際病院の先生方にお話を聞きました。

病院紹介

聖路加国際病院

創立:1901年
所在地:<本院>
〒104-8560 東京都中央区明石町9-1
電話:03-3541-5151(代表)