IR情報 会社情報

記事一覧

X線関連

医療機器メーカ様向け

このX線関連のページでは、「X線画像」、「一般撮影」、「X線透視」の3つのカテゴリをまとめています。

CT 関連

医療機器メーカ様向け

CT(Computer Tomography; コンピュータ断層撮影)モダリティにて撮影された医用画像の画質向上、CTを使う診断、治療計画、経過観察をデジタル的にワークステーション上にて作業できる2D/3D/MPR医用ワークステーション、骨組織透過ソリューションによる胸部単純撮影映像から肋骨や鎖骨を透過させることで、読影時に肺の結節等の異常を検出しやすくできるようになります。私たちOEM(Original Equipment Manufacturer)グループでは、お客様ブランドの製品への機能追加や性能向上を実現するための有用な商品をご提供し、開発のお手伝いをしながら長期間にわたってモダリティベンダー様やPACSメーカ様の発展に貢献させていただきたいと考えております。

超音波診断関連

医療機器メーカ様向け

US(Ultrasonogography, US echo; 医療用超音波診断)モダリティにて撮影された医用画像の画質向上を実現します。 私たちOEM(Original Equipment Manufacturer)グループでは、お客様ブランドの製品への機能追加や性能向上を実現するための有用な商品をご提供し、開発のお手伝いをしながら長期間にわたってモダリティベンダー様やPACSメーカ様の発展に貢献させていただきたいと考えております。

PACS 関連

医療機器メーカ様向け

PACS(Picture Archiving and Communications System ; 医療用画像管理システム)にて使うことが可能な医療用画像ビューワ、治療計画、経過観察をデジタル的に作業できる2D/3D/MPR医療用ワークステーションや骨組織透過ソリューションによる胸部単純撮影映像から肋骨や鎖骨を透過させることで、読影時に肺の結節等の異常を検出しやすくできるようになります。 私たちOEM(Original Equipment Manufacturer)グループでは、お客様ブランドの製品への機能追加や性能向上を実現するための有用な商品をご提供し、開発のお手伝いをしながら長期間にわたってモダリティベンダー様やPACSベンダー様の発展に貢献させていただきたいと考えております。

核医学関連

医療機器メーカ様向け

本ページは現在作成中です。恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

感染性医療廃棄物処理装置 DISPOPAC

病院環境設備

感染性医療廃棄物処理装置『DISPOPAC』シリーズDISPOPACは感染性医療廃棄物を滅菌し、非感染性廃棄物へ変換する装置です。環境省処理ガイドライン(廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル平成24年5月環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)に基づく安全・安心の処理を実現しました。<< 導入メリット >>❐ コスト削減効果❐ 社会的な信用獲得(排出事業者責任)❐ 環境負荷の低減❐ 感染性廃棄物の分別/分類❐ ごみの減容、 他 ==>DISPOPAC導入施設のご案内

携帯サイトのページ


URLをメールで送る

PAGE TOP