技術サポート/アフターサービス

サービス施設のご紹介

技術センター

1985年に開設した技術センターでは、専門の技術スタッフによるサポート・検査・保守・修理・校正・開発などを日々行っております。

より高い品質を提供し、お客様にご満足いただくため、2002年に品質マネジメントシステムISO 9001の認証を取得、2005年にはISO/IEC 17025に適合する校正機関としての認定を取得しました。
本社/技術センター

万全の検査・サポート体制

当社に輸入された商品は、まず各分野の専門技術スタッフによって厳しい受入検査を受けます。その後、システム化・システム検査・環境テスト・ユーザー立会い検査を経て、納入/据付工事・検査・操作説明と、お引渡しまで万全の体制でサポートいたします。

各検査データは「検査成績書」として保存されます。検査・修理内容は毎月海外メーカーに報告し、フィードバックを行っております。これを基に、必要に応じて製品の改善をメーカーに申し入れております。

また、万一の故障や技術的なお問い合わせに迅速に対応するため、万全のアフターサービス体制を整えています。

 

キャリブレーションラボラトリー(校正センター)

計測器は常に正しい測定を行える事が重要であり、その確度を維持するための校正は必要不可欠です。

キャリブレーションラボラトリーでは、ISO 9001はもとより、ISO/IEC 17025に適合する校正機関として認定を取得し、各種の高品質な校正サービスを、当社でお買い上げいただいた以外の計測器にも提供しております。

 

 

サンプル分析/イメージング サービス

校正センター設備概要

■校正設備:
DC電圧、AC電圧、抵抗、周波数校正設備、高周波計測器校正システム、磁界プローブ校正システム、加速度計校正システム、マイクロフォン校正システム、露点計校正システム

ISO 9001認証
認証種別 ISO 9001:2015
認証機関 財団法人日本品質保証機構(JQA)
認証番号 JQA-QM8795

ISO/IEC 17025認定
認定種別 ISO/IEC 17025:2017(校正機関)
認定機関 米国 The American Association for Laboratory Accreditation(A2LA)
認定番号 A2LA 2296.01
校正範囲 高周波計測器、DC電圧、AC電圧、抵抗、周波数、加速度
※詳しくはこちらをご覧ください(PDFファイル)

ナノイメージングセンター

産業分野の研究・開発・品質向上を加速してゆく上で「イメージング技術」は大きな役割を担っています。「プラズマFIB-SEMシステム」、「ナノインデンター(薄膜硬度計)」をはじめとした、世界最先端・最高峰のイメージングツールを集結させたナノイメージングセンターを開設しています。実機を用いた受託分析に加えて、ワークショップ/セミナーも開催しています。

ナノイメージングセンターの場所はこちら

受託分析サービスについて

葛西サービスセンター

海外メーカーなどから入荷する計測器について、輸送中の破損や故障のチェックをはじめ、スペック通りに機能することを確認する受入検査を行います。また、製品の入出荷や在庫管理を担う物流拠点、製造や校正を行う施設としても稼働します。製品を安心してお使いいただけるよう取り組んでいます。

テクニカルリサーチラボ

最新技術の研究や製品のデモンストレーションなどを行うためのオープンラボ施設です。最先端の計測ソリューションを身近に体感していただくことができます。

テクノロジーインターフェースセンター

最新技術や製品事例を紹介するセミナーやトレーニングなどのイベントを行うセミナールームを常設しています。

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。