ソフトウェア開発支援
IR情報 会社情報

セミナー

セミナーに申し込む

バージョン管理ツールPerforceにおける 負荷分散および障害対策の構成

2018年12月18日(火)

10:00 ~ 11:00

場所

Webinar (オンラインセミナー)

バージョン管理ツールPerforce(Helix VCS)は、大規模な開発成果物を安定的にバージョン管理するためのツールとして広くご利用頂いています。

Perforceの利用が進み、登録される成果物の規模が拡大してきますと、より安定的なサーバ環境の構築が求められます。

本Webinarでは、Perforce(Helix VCS)のレプリカサーバなどを用いた負荷分散および障害対策の構成とポイントについてご紹介します。

日時 開催内容 費用 空席 定員
2018年12月18日(火)
10:00~11:00
バージョン管理ツールPerforceにおける 負荷分散および障害対策の構成 無料 (要事前登録) あり 20
セミナーに申し込む
 
主催: 株式会社東陽テクニカ
ソフトウェア・ソリューション
   
講師: 株式会社東陽テクニカ
   
セミナーコード: WI-1302
   
会場: Webinar(オンラインによるセミナー) のため、お客様の PC 上でご覧いただけます。
   
定員: 20名(先着順、要事前予約)
   
費用: 無料
   
受講対象者:
  • ・Perforce(Helix VCS)を用いた成果物のバージョン管理にご興味がおありの方
  • ・Perforce(Helix VCS)の負荷分散や障害対策にご興味がおありの方
  • *同業他社の方のご参加はご遠慮ください。
   
受講条件: なし
   
内容:
  • ・Perforceのデータ構造
  • ・Perforceサーバ関連プログラム
  • ・負荷分散と障害対策
   
資料の配布について: 当日聴講して下さった方のみとさせていただきます。
セミナーに申し込む

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。