ソフトウェア開発支援
IR情報 会社情報

セミナー

セミナーに申し込む

脆弱性静的解析ツールを使用した脆弱性対策

2019年2月28日(木)

10:00 ~ 11:00

場所

Webinar (オンラインセミナー)

悪意あるサイバー攻撃からソフトウェアやシステムを守るためには、コードレベルでの脆弱性対策が重要となってきます。脆弱性静的解析ツールを利用することで、目視で確認するよりもずっと簡単かつ確実にソースコード内に潜む脆弱性を探し出すことができます。

しかし、脆弱性は見つけた後に修正できなければ意味がありません。

本セミナーでは、脆弱性静的解析ツールを使って脆弱性を発見したその後の『修正方法』にフォーカスします。OWASP Top10に挙げられている脆弱性を例に、脆弱性的解析ツール(Checkmarx社製品 CxSAST)を使って、検出してからソースコードを修正するところまでの一連の流れをデモ形式で説明します。

日時 開催内容 費用 空席 定員
2019年2月28日(木)
10:00~11:00
脆弱性静的解析ツールを使用した脆弱性対策 無料 (要事前登録) あり 20
セミナーに申し込む
 
主催: 株式会社東陽テクニカ
ソフトウェア・ソリューション
   
講師: 株式会社東陽テクニカ
   
セミナーコード: WI-1305
   
会場: Webinar(オンラインによるセミナー) のため、お客様の PC 上でご覧いただけます。
   
定員: 20名(先着順、要事前予約)
   
費用: 無料
   
受講対象者:
  • ・Webアプリケーションの脆弱性静的解析にご興味をお持ちの方
  • ・Webアプリケーションの脆弱性静的解析用ツールの導入を検討されている方
  • *同業他社の方のご参加はご遠慮ください。
   
受講条件: なし
   
内容:
  • ・脆弱性静的解析ツールを使用したJavaコード内の脆弱性検出方法の説明
  • ・検出された脆弱性についての説明
  • ・検出された脆弱性の修正方法の説明
   
資料の配布について: 当日聴講して下さった方のみとさせていただきます。
セミナーに申し込む

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。