株式会社エクスモーション

Simulinkモデル用品質診断ツール MODEL EVALUATOR

MODEL EVALUATORはSimulinkモデルの品質を診断(定量化・可視化)するツールです。
診断には、モデルを静的解析した様々なメトリクスを使用し、独自の技術により品質を定量化します。
診断結果に基づくリファクタリング(モデル品質の改善)や、定期的な診断による品質の変化の把握、客観的・定量的な診断結果をモデル品質のベンチマークとしての利用など、活用方法は様々です。 
本ツールを導入してSimulinkモデルの品質を定期的に診断することで、モデル品質の向上や維持が可能になります。

評価版

特長

Simulinkモデル品質の現状

MATLAB/Simulinkは、自動車をはじめ制御系ソフトウェアの開発で使われることが多くなってき ました。一方で、試行錯誤の結果が整理されないまま残っていたり、場当たり的な修正を繰り 返したりしたことで、複雑化・肥大化して解析性が低下したSimulinkモデルを見かけます。 
Simulinkを導入して一時的に開発効率は向上したものの、長期的には解析性や保守性の低下によるコスト増加により、導入の効果が薄れてきていることを感じている方も多いのではないでしょうか。

スコープ別評価

モデルを4つのレベル"モデル"、"モジュール"、"サブシステム"、"ブロック" に分類し、その品質を定量化します。

品質特性別評価

ソフトウェアの品質に関する標準的なモデルISO・IEC9126で定義された品質副特性のうち、解析性・"資源効率性"・"変更性"・"試験性"・"成熟性"に関する品質を定量化します。

クローン検出

Simulinkモデルに含まれるクローン(コピー&ペーストで作成したブロック群)は、モデルの品質を低下させる要因となります。しかし、大規模なモデルからクローンを目で見て探すことは不可能です。
これに対し、MODEL EVALUATORではモデルに含まれるクローンを機械的に検出することができます。

仕様

MODEL EVALUATOR サポートOSとバージョン

Windows XP、7

機能

機能1:品質診断機能

MODEL EVALUATORでは、Simulinkモデルの品質を2つの評価軸(スコープ・品質特性)に分類します。

スコープ別評価

モデルを4つのレベル2"モデル"、"モジュール"、"サブシステム"、"ブロック"に分類し、その品質を定量化します。

品質特別評価

ソフトウェアの品質に関する標準的なモデルISO・IE9126で定義された品質副特性のうち、"解析性"・"資源効率性" ・"変更性"・"試験性"・"成熟性"に関する品質を定量化します。

機能2:クローン検出機能

Simulinkモデルに含まれるクローン(コピー&ペーストで作成したブロック群)はモデルの品質を低下させる要因となります。大規模なモデルからクローンを目で見て探すことは不可能です。 これに対し、MODEL EVALUATORではモデルに含まれるクローンを機能的に検出することができます。

ラインアップ

開発元のMODEL EVALUATOR製品紹介ページへ  

テクニカルサポート

技術的なお問い合わせ

MODEL EVALUATOR に関する技術的なご質問に対しては、弊社のサポートデスクがお答えいたします。
お問い合わせ先:ss_support@toyo.co.jp

緊急の場合には、電話によるお問い合わせに対してもお答えいたします。
お取扱い時間は、 9:30~17:30(⼟⽇、祝⽇を除く)です。

ご注意:
サポートデスク宛に技術的なご質問をお出しになる場合、お客様と弊社の間には 保守契約が締結されている必要があります。

お問い合わせに際してのお願い

  1. お問い合わせのE-mailに、次の情報を付加してください。それによって、より早い回答をお届けすることができます。
    ・ ご使用になっているOSの種類とバージョン
    ・ ご使用になっている製品のバージョン
  2. エラーメッセージが出ている場合は、そのエラーメッセージを正確にお送りください。また、問題が発生した画面をキャプチャした画像ファイルをお送りください。
  3. 可能な限り、その問題が発⽣した経緯、再現の⼿順をお知らせください