FAQ

QA・C/QA・C++

QA·C/QA·C++に関する

ID.8

Q. Windowsで開発したコードを、Solaris/HP-UX/Linux版のQA·C/QA·C++で解析する ことはできますか?

A.


コンパイルに必要なすべてのヘッダファイルとソースファイルを Solaris/HP-UX/Linux環境にコピーして頂ければ解析することができます。
ただし、オペレーティングシステム自体がそもそもサポートしていない 機能(特にファイルシステム関連の機能)を解決することは できませんので、次の点に注意する必要があります。
  • Solaris/HP-UX/Linuxはファイル名やディレクトリ名の大文字/小文字 を区別します。同様にQA·C/QA·C++も区別します。
    このため、#include文で指定したヘッダファイル名が 大文字/小文字の違いも含めて、ファイルシステム上の ファイル名と一致しない場合に、ヘッダファイルを 見つけることができなくなります。
    このため、Solaris/HP-UX/Linux版のQA·C/QA·C++で解析 する場合は、ファイル名を変更するか、シンボリック リンクを作成して、#include文で指定したヘッダ ファイル名に一致するヘッダファイルが見つかる ようにする必要があります。
  • Solaris/HP-UX/LinuxとWindowsでは、絶対パスの表現方法 が異なります。#include文で指定したヘッダファイル名が 絶対パスで記述されている場合は、ヘッダファイルを見つける ことができなくなります。
    この場合は、絶対パスを相対パスに変更して、#include文 で指定したヘッダファイルが見つかるようにする必要が あります。
  • Solaris/HP-UX/LinuxとWindowsでは、テキストファイルに 使用される標準の文字コードが異なることがあるので、 QA·C/QA·C++の解析結果を表示したときなどに結果が文字化けする ことがあります。
    この場合は、QA·C/QA·C++のエンコーディング(-en)オプションを、 解析対象のソースファイルで使用されている文字コードに 一致させて解析する必要があります。

  • << QA·C/QA·C++に関するに関するFAQ一覧へ戻る