FAQ

QA・C/QA・C++

ターゲットコンパイラに関する

ID.8

Q. eMbedded Visual C++ 3.0/4.0で開発したソースコードを解析できますか? QAC++1.5J以上

A.


はい。eMbedded Visual C++ 3.0/4.0で開発したソースコードを解析することができます。 ただし、eMbedded Visual C++ 3.0/4.0用の設定ファイルはQA C++の開発元である Programming Research社から提供されていないため、Visual C++ 6.0用の 設定ファイルをベースにして設定を調整して頂く必要があります。
また、eMbedded Visual C++ 3.0/4.0で開発したソースコードを解析する際は、 Visual C++ 6.0用のプロジェクトコンバータを利用して、eMbedded Visual C++ 3.0/4.0 のプロジェクトファイルに設定されている情報を抽出する必要があります。
プロジェクトコンバータの利用方法については、次のファイルをご確認 ください。

Visual C++ 6.0用インテグレータの利用手順書のダウンロード

なお、Visual C++ 6.0用のプロジェクトコンバータをeMbedded Visual C++ 3.0/4.0に 適用するためには、eMbedded Visual C++ 3.0/4.0のプロジェクトファイルの 拡張子を次のように変更する必要があります。
  • .vcw を .dsw に変更する。
  • .vcp を .dsp に変更する。
また、.vcpファイル内の"Microsoft eMbedded Visual Tools"という文字列を"Microsoft Developer Studio"に置き換える必要があります。

<< ターゲットコンパイラに関するに関するFAQ一覧へ戻る