FAQ

QA・C/QA・C++

警告メッセージに関する

ID.2

Q. 警告メッセージのレベルは何を意味しているのでしょうか? QA C6.2J以上/QA C++全般

A.


QA C/QA C++の各警告メッセージを最も粗く分類したものが、レベルになります。
QA C/QA C++には欠番も含めて 0番 から 9番 までの10種類のレベルが定義 されています。 レベルにはそれぞれ名前が付いていますが、QA C/QA C++の結果にはレベル の番号だけが記録されるようになっています。

レベルの番号に特に意味はありません。例えば、レベルの番号が大きいほど 重要な警告メッセージが分類されているというわけではありません。
ただし、0番 には他の警告メッセージを補足する警告メッセージ、9番 には解析エラー に関する警告メッセージが分類されます。このため、通常は 0番 と 9番 に属する 警告メッセージをすべてONにしてQA C/QA C++を使用することになります。

QA Cでは、同一の警告メッセージを2つのレベルに登録することができます。 この場合、[最も高い警告レベルを表示]オプション(-stオプション)を 使用することで、低いレベルと高いレベルのどちらを採用するのかを 決めることができます。

<< 警告メッセージに関するに関するFAQ一覧へ戻る